Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2015/03/24 ビジネス

アプリの特徴

  • 書類をカメラで撮影してPDF化してくれる
  • 連続撮影も可能、複合保存も可
  • 各クラウドサービスへ自動アップロードも可


スキャンボット | PDFスキャナー
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


カメラで撮影してPDF化

net.doo.snap_01

『スキャンボット』は、書類や本などの文書をカメラで読み取ってPDF化してくれるアプリです。カメラで撮影(既に撮影してあるものを読み込むことも可)します。

ちょうど良いタイミングで自動的にシャッターが切れますが、ピントを合わせて自分のタイミングでで撮影することもできます。撮影時に緑色の枠が表示されますが、その枠内だけが撮影されるわけではないので、あまり気にしなくても大丈夫です。撮影後に調整できます。

撮影時には「動かさないで」などと注意も表示してくれます。

net.doo.snap_02

そのまま2枚目、3枚目と続けて撮影することもできます。

撮影後、読み取った文書がその形(緑色の枠)で問題なければ保存します。形の調整も可能です。

net.doo.snap_03

カラーの文書をモノクロ化することもできます。

net.doo.snap_04

撮影した文書はPDFビューアーで確認したり、クラウドサービスへアップロード・共有が可能です。

※リマインダー機能、編集機能は有料(アプリ内課金)となります。

クラウドへ自動アップロード

スキャンした文書は、メール添付や印刷できるだけでなく、各クラウドサービスへ自動アップロードすることも可能です。

net.doo.snap_05

例えばGoogleドライブの場合、アップロードするGoogleアカウントを選択してScanbotの利用を許可するだけです。

他のアプリも同様に、IDやパスワードを入力し、Scanbotの利用を許可します。

現在のところ、次のクラウドサービスへのアップロードに対応しています。

  • Dropbox
  • Google Drive
  • OneDrive
  • Box
  • Evernote
  • Shoeboxed
  • Yandex.Disk
  • WebDAV
  • Telekom Cloud
  • Amazon Cloud Drive
  • Slack

net.doo.snap_06

実際に使ってみました。
Googleドライブアプリで確認すると「Scanbot」フォルダにアップロードされてきます。

自動アップロードに設定しておけば、撮影後の共有操作も必要なく次々にPDF化できるのが便利でありがたいですね。

なお、アプリ内課金(652円または月額99円)すると、前述のリマインダー機能・編集機能のほか、テキスト認識(OCR)、ドキュメント名にデバイス名や日付を追加、アプリのテーマカラー変更といったことができるようになります。気になる方はこちらもチェックしてみてください。





スキャンボット | PDFスキャナー
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 スキャンボット | PDFスキャナー
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 3.7.3.75
デベロッパー名 doo GmbH
レビュー日 2015/03/18

関連記事



タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る