Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2015/06/23 お絵かき

com.medibang.android.paint.tablet

【アプリの特徴】

  • 人気イラストソフト「クラウドアルパカ」のタブレット版
  • タブレットで本格的なイラスト・マンガ制作ができる
  • PC版「メディバンペイント」と連携できる


メディバンペイントタブレット〜無料漫画イラスト・簡単お絵かき
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


タブレットで本格的なイラスト・マンガ制作ができる!

『メディバンペイントタブレット』は、人気のイラスト・マンガ作成ソフト「MediBang Paint Pro(旧クラウドアルパカ)」のタブレット版です。PC版と近いUIと機能で、タブレットでも本格的なイラスト・マンガ制作が可能です。

Screenshot_2015-06-19-12-49-10

『メディバンペイントタブレット』の魅力は、豊富なツールとタブレットに最適化されたUIです!
ツールバーは上下に1列ずつ配置され、横にスワイプすることで続きが表示されます。PCモニターと比べ画面が狭く作業がしづらいタブレットでも、最大限広く画面を使えるようになっています。

Screenshot_2015-06-22-15-19-15

横画面時はツールバーの配置が自動的に変わり、より広く画面を使う事ができます。さらにペンや消しゴムなど、良く使うツールがまとめられたバーは自由に移動でき、各ユーザーにとって使いやすい配置にする事が可能です。

強力なツールがたくさん!

Screenshot_2015-06-19-12-50-24

もちろん各ツールも、Androidアプリとは思えないような強力なものがそろっています。
まず基本のペンツールは、ペン・鉛筆・エアブラシ・水彩・ぼかし・指先・カケアミを用意。様々なタッチを表現できます。
またこの他にも「集中線」「平行線」「円」など、フリーハンドでは難しい線を簡単に描けるツールも用意されています。

Screenshot_2015-06-19-13-08-58

筆圧感知のないタブレットで描く線は、強弱がなくノッペリとした印象になりがちですが、『メディバンペイントタブレット』にはペンの「入り・抜き」を設定でき、手描きに近い印象を与えることができます。
上手く綺麗な線が描けない場合は、強力な手ぶれ補正機能も用意されているので、こちらを試してみてください。

実際に色塗りしてみる!

Screenshot_2015-06-19-13-52-00

では、実際に色塗りに挑戦してみます。今回は他の方に描いて頂いたイラストをインポートし、それに色を付けたいと思います。

Screenshot_2015-06-19-14-17-59

ラフな線画を描いてもらったので、線がちゃんと閉じられていませんが「水彩」ツールでガシガシ塗っていきます。
ピンチインで拡大表示もできるので、細かいところを塗るのも苦ではありません。

レイヤーは40枚以上作成可能!

Screenshot_2015-06-19-14-32-52

もちろんレイヤーを分ける事も可能です。レイヤーを最大何枚まで作れるか不明ですが、とりあえず40枚は作れることを確認しました。さらに「クリップ」にも対応しているので、非常に楽に塗り作業が行えます。

Screenshot_2015-06-19-14-42-07

ツールバーの「回転」ボタンをタップすれば、画像の向きを変更できます。タブレット本体を回す必要がありません。

Screenshot_2015-06-19-16-12-09

作業を途中で止めて保存する場合は、ツールバーから「保存」を選択します。再開する際は「ギャラリー」から選ぶだけです。

完成したものは様々な形式で保存!

1434698661309

という事で完成しました。使用したタブレットは「Nexus 7」ですが、7インチの小さい画面でも特に問題なく作業が行えました。もっとクオリティーの高い作品を創ることも可能だと思いますが、筆者のスキルではこれが限界です…。

Screenshot_2015-06-22-16-33-33

完成したイラストは「ギャラリー」の右上にあるシェアボタンから、PNG・PNG(背景透過)・MDP(MediBang用)・PSD形式で保存できます。

PCとの連携も!…しかし

2015-06-22_11h32_40

MDPで保存すれば、PC版の「MediBang Paint Pro」で開くことができます。もちろんレイヤー情報も保存されているので、タブレットとPCでデータのやり取りが可能です。

2015-06-22_16h42_45

ただし!これには少しコツがあり、タブレットをPCに接続し、『メディバンペイントタブレット』で保存したMDPデータをPCから見ようとすると何故か表示されません。
そこで、タブレット側で拡張子の「.mdp」から「.」だけを一旦削除します。すると接続したPCで表示されるようになるので、PCにコピーしたあと再度「.」を付けてあげれば「MediBang Paint Pro」で使用できます。
これは裏ワザ的な方法で、公式にアナウンスされているものではありませんが、筆者の環境では問題なく使用できました。

音声テキスト入力やコマ割りなどマンガ制作にも!

Screenshot_2015-06-19-18-40-35

この他にも様々な機能があり、例えばテキスト入力。高品質なフォントが多数使用できるので、セリフなどの文字入れにも活躍します。音声で入力できるのはAndroidならではですね。

Screenshot_2015-06-19-16-10-16

さらに、無料で使用できる素材の数々。『メディバンペイントタブレット』はマンガ作成アプリでもあるので、トーンや背景素材も数多く用意されています。

Screenshot_2015-06-22-14-33-07

そして便利なコマ割り。これは使い方が少し分かりづらいので説明しましょう。

Screenshot_2015-06-22-14-32-25

ツールバーから「コマ割り」を選択後、「+」ボタンをタップします。表示されたウィンドウで線の太さを決め、「追加する」をタップ。すると、コマの外枠が描かれます。

Screenshot_2015-06-22-14-32-40

この状態で切るように枠線から枠線までスワイプすれば、そこからコマが分かれます。あとは好きな数・形にコマを割ってください。この機能を使えば面倒なコマ割りも、非常に楽に行えます。もう烏口を使う必要もないのです!

Androidアプリでこれだけ豊富なツールがあり、レイヤーも大量に作成可能な、ペイントアプリの決定版ともなり得るものだと思います。しかし、今のところマニュアルがなく操作方法で迷う所が多々あり、慣れるのに時間がかかりそうです。また、クラウドとの連携が非常に分かりづらく、「PCとの連携が快適に行える」とはとても言えません。
これらが改善されれば、大きく使い勝手も向上すると思いますが…まだリリースされたばかりのアプリなので、これからに期待しましょう。

ちなみに同社よりリリースされている、ネーム作成に特化したアプリ「マンガネーム」もあるので、こちらと合わせて使うとさらに捗るかもしれません。
マンガネーム : マンガ作成ソフト「クラウドアルパカ」と連携!いつでもネームが描ける!|オクトバ





メディバンペイントタブレット〜無料漫画イラスト・簡単お絵かき
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 メディバンペイントタブレット〜無料漫画イラスト・簡単お絵かき
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 1.2
デベロッパー名 MediBang Inc.
レビュー日 2015/06/23

関連記事



タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

コメントありがとうございます (1)

 

  1. 名前:名無しのアプリ使いさん : 投稿日:2016/08/02(火) 23:58:42

    面白いですよねえ、泥版メディバン。‌
    できればでいいのですが、ぜひ泥版メディバンの色塗りを詳しく解説した記事を載せてもらえませんか?機能が豊富すぎて何がなんだか…

 

Facebook

トップヘ戻る