Android(>アンドロイド)ゲーム

2016/12/3 ゲーム, パズル / クイズ

cubespace-489202-top

【アプリの特徴】

  • 縦・横・高さすべてを活用して立方体を組み合わせる3Dパズル
  • 十二星座の失われた光を取り戻すことで得られる美しいイラストカード
  • 70を超えるステージで空間認識能力が鍛えられる


Cube Space
価格:106円

AppStore_Badge_JP_135x40


『Cube Space』は用意された立方体を組み合わせ定められた形を作り上げる3Dパズルゲームです。パズルゲームは縦と横の2Dで構成されているものが多い中、さらに高さを加えることでより楽しめるようになっています。

ゲームは十二星座の失われた光を取り戻すというストーリーをもとに進められ、合計70を超えるステージが用意されています。それぞれの星座の光を取り戻すと美しいイラストカードが得られるようになっており、すべてを集めるためについついやりこんでしまうことでしょう。

ひとつひとつのステージは単純ながらも奥が深く、「キューブ」を上下左右に回転させてあれこれと考えることで空間認識能力が鍛えられること間違いありません。

ちょっとした空き時間で気軽に楽しめるので、頭の体操も兼ねて遊んでみてはいかがでしょうか。

 

『Cube Space』の概要

cubespace-489202-01

『Cube Space』は星座占いでなじみ深い黄道十二星座がテーマとなっており、パズルを解くことで失われた星の光を取り戻し、十二星座を復活させていくゲームです。

各星座には4~9のステージが用意されており、すべてのステージをクリアすると星座が光を取り戻し、美しいイラストカードが手に入れられるようになっています。

多くのパズルゲームでは縦と横の平面上に要素を並べていきますが、このゲームではさらに高さが加えられており立体的なパズルを解いていくことになります。各ステージにはいくつかの「キューブ」が用意されているので、「キューブ」を組み合わせて定められた形に組み立てられればステージクリアとなります。

最初の数ステージはひとつの「キューブ」を回転するだけで簡単にクリアできますが、ステージが進むにつれて「キューブ」の数が増えて複雑になっていくため、より戦略的な組み立てが必要となるでしょう。

とはいえステージには時間制限のようなものはありませんので、じっくりと考えてパズルを楽しむことができます。ときには視点を変えてみたり、ときには拡大してみたり、頭をフル回転させて取り組んでいかなければなりません。

あなたは、みずがめ座(Aquarius)、うお座(Pisces)、おひつじ座(Aries)、おうし座(Taurus)、ふたご座(Gemini)、かに座(Cancer)、しし座(Leo)、おとめ座(Virgo)、てんびん座(Libra)、さそり座(Scorpio)、いて座(Sagittarius)、やぎ座(Capricornus)の各星座に光を取り戻すことができるでしょうか。

 

ゲームの基本的な説明

cubespace-489202-02

ゲームを開始すると、十二星座のひとつである「Aquarius(みずがめ座)」の光を取り戻すところから始まります。

各ステージには縦横に区切られた盤面に組み立てなければいけない形が表示されており、画面上部には組み立てに必要となる部品である「キューブ」が用意されています。

「キューブ」をタップすると盤面に配置されるので、上下や左右の移動と回転を駆使して指定された位置に「キューブ」を移動していきましょう。

cubespace-489202-03

最初のステージはチュートリアルとして操作するべき対象が赤い枠で囲まれて表示されるので、細かな説明はないものの操作に迷うことはないでしょう。

cubespace-489202-04

ひとつひとつのステージをクリアしていくことで星が光を取り戻し、星座の復活へと繋がっていきます。星座が復活すると得られるイラストカード「ZODIAC CARD」は美しく、すべてのイラストカードを集めるのも楽しみのひとつとなるのではないでしょうか。

 

攻略のコツ

cubespace-489202-top

ステージが進むにつれて組み立てなければいけない形はより複雑に、用意される「キューブ」も数が多くなるため、うまくパズルを解けないという人も出てくることでしょう。

パズルを解くコツとしては、あらかじめ定められた形の中にある特徴的な部分と、用意された部品の中にある特徴的な部分の共通点を見つけ出していくことがポイントになります。

『Cube Space』でも同じように考えることができ、汎用的などこにでもあてはまる「キューブ」のことを考えるよりも、あてはまるパターンの少ない「キューブ」をどう展開するかを考えていくほうが早く解くことに繋がるでしょう。

ひとつだけ長い「キューブ」や構造上そこにしかはまり得ない「キューブ」を最初にあてはめてみて、残りの「キューブ」がどう使えるかを考えていくと良いのではないでしょうか。

cubespace-489202-05

また、盤面はスワイプで回転させたり、ピンチイン、ピンチアウトの操作で拡大と縮小をすることもできます。ひとつの角度からだけ考えるよりも、さまざまな視点から考えるとよりわかりやすくなるかもしれません。

 

まとめ

cubespace-489202-06

失われた星座の光を取り戻すというストーリーのもと、立方体で構成された「キューブ」を指定された形に組み上げていく3Dパズルゲーム『Cube Space』をご紹介しました。

多くのパズルゲームは縦と横の2Dで楽しめるようになっていますが、さらに高さを加えることでより空間認識能力が求められる3Dパズルゲームになっています。

細かな操作説明などが用意されているわけではありませんが、最初の数ステージがチュートリアルの役目を果たしていることもあり、悩むことなく楽しめることでしょう。

また、ひとつひとつのステージには時間制限がなくじっくりと考えることもでき、数多くのステージが用意されているのでより長く楽しめます。

星座の光を取り戻すごとに得られる美しいイラストカードを集めるという要素もあり、まずは自分自身の星座のイラストカードを手に入れるまで遊んでみてはいかがでしょうか。

空き時間に頭の体操も兼ねてパズルで遊びたい人はもちろん、多くの2Dパズルでは物足りないという人にまでおすすめの作品となっています。ぜひ『Cube Space』をプレイしてみてください。

なお、本アプリは有料ですが、auスマートパス会員の方は無料で利用できます。





Cube Space
価格:106円

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Cube Space
価格 106円
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 1.3
デベロッパー名 SHIELD GAMES
レビュー日 2016/11/25

関連記事



タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

コメントありがとうございます (1)

 

  1. 名前:無一 : 投稿日:2016/12/15(木) 12:49:57

    wwwwwwwwwww

 

Facebook

トップヘ戻る