Hulu:注目ラッパー・Rin音が 尊敬するtofubeatsと初対面!Hulu&TikTok「Once in a Blue Moon」7月20日(火)から 待望の第3弾 配信スタート

 
hulu
価格:無料
開発:hulu


■Rin音が「ずっと聴いている」と敬愛するtofubeatsと、ついに初対面&初対談

オンライン動画配信サービスHuluとショートムービープラットフォーム「TikTok」がタッグを組んだ新スタイルの音楽コンテンツ=Hulu & TikTok 共同Project「Once in a Blue Moon」(第1弾~3弾まで全3回)。

《TikTokで活躍するアーティスト》が《憧れのアーティスト》を指名し、貴重なコラボパフォーマンスや対談を繰り広げると同時に、各回の主役であるTikTokアーティストの素顔にぐっと迫る本コンテンツも、ついに第3弾! 待望の第3弾を7月20日(火)から配信します。

第3弾に登場するのは、2020年2月に発表した「snow jam」がTikTokなどのSNSを起点に注目を集め、各種配信チャートで上位を記録したラッパー・Rin音。これまでのラップのイメージをがらりと変える、柔らかい雰囲気の楽曲作りで新境地を拓いている彼が、「僕の耳にすっと入ってきて、それからずっと聴いている」と敬愛してやまないtofubeats(音楽プロデューサー/DJ)を指名し、夢の初対面&初対談を繰り広げます。

■「めちゃくちゃカッコよかったです」――tofubeatsの「RIVER」熱唱にRin音が大興奮

7月20日(火)20時からTikTokでライブ配信・その後Huluで完全版として独占配信されるスペシャルライブでは、Rin音とtofubeatsがそれぞれの楽曲を披露することに。Rin音は「僕の紆余曲折するような感情をすごく愛せるようにしてくれた」という代表曲「snow jam」など全5曲を、tofubeatsはiTunes Storeシングル総合チャートで1位に輝いた「水星」など全3曲を、渾身のパフォーマンスでお届けします。

さまざまな機材を使いこなすtofubeatsのステージに興味津々なRin音。そんな中、Rin音がもっとも感動したのが、tofubeatsによる「RIVER」フルバージョン・パフォーマンスです。

同曲はtofubeatsが映画「寝ても覚めても」のために書き下ろした主題歌ですが、実はRin音がすごく好きな曲で、今回もtofubeatsに歌ってもらうことを熱望していたのだとか。

「そう聞いたので、今日は熱唱させてもらいました」と、ステージ上で明かしたtofubeats。Rin音が「すごくうれしかったです。めちゃくちゃカッコよかったです!」と大興奮した《粋で胸熱なパフォーマンス》、そして《音楽を介したRin音とtofubeatsの熱い交流》は必見です。

■Rin音の不安も吹き飛ばした!? 意気投合した2人がディープな初対談を展開

また、Huluでは7月20日(火)20時半から、スペシャルライブの配信と合わせ、Huluのみで視聴可能なコンテンツを配信。TikTokで縦画面配信されるライブを横画面で観られる完全バージョンに加え、Rin音の素顔に迫る独白ドキュメンタリーや、tofubeatsとの初対談を公開します。

小学校で撮影された独白ドキュメンタリーでは、「楽曲は自分のために作っている」というRin音の原点や、「人見知りだった」学生時代、ラップを通して得たもの、安心する言葉などについて告白。また、体育館や屋上で貴重なフリースタイルも披露してくれます。

そして、tofubeatsとの対談でも、Rin音が「すごく貴重な話!」と目を輝かせる話が続々と飛び出すことに。なんと、tofubeatsが愛用するオートチューンにまつわるトークでは、tofubeatsから「僕は歌がすごく下手。今でも『生歌は聴かれたくない。ちょっと生歌はNGなんで』と言って、スタッフを困らせている(笑)」との告白も…! そんなtofubeatsは、MCバトルで勝ち上がった後にメロウな音楽を作り始めた《Rin音の音楽性&ビジョン》が、気になって仕方なかったそう。その核心にズバリ斬り込んだことで判明した《Rin音の二面性》や《音楽に対する責任感》に驚きを隠せず…!?

ほかにも《互いの経歴》や《インプットとアウトプットのバランス》など、語れば語るほど、意外なところで浮き彫りになる2人の共通点と相違点。そんな中、Rin音に《音楽活動を続けていく秘訣》を聞かれたtofubeatsから、音楽以外の道でも通じる含蓄のある言葉も語られ…。これが初対談とは信じられない! すっかり意気投合した2人が展開する、どこまでもディープな対話はまさに永久保存版もの。収録後、Rin音に「これからの人生に対して不安もあったんですけど、光のようなものが見えた気がしました」とまで言わしめた、心揺さぶる対談にぜひ耳を傾けてください。

■Rin音 コメント

普段のインタビューではそんなに深くまで話す機会がないので、今回は新鮮でした。尊敬しているtofubeatsさんにも聞きたいことがめちゃめちゃあったので、収録を楽しみにしていたんですけど、実際すごく貴重な話をさせていただいて…。

これからの人生に対して「どうなっていくんだろう…」という不安もあったんですけど、対談させていただいたことで、光のようなものが見えた気がしました。ライブも楽しかったです。tofubeatsさんのライブはやっぱカッコいいですね!

楽曲と楽曲のつなぎとか、すごく勉強になりましたし、感動しました。しかも、気さくに話しかけてくれるなど、人間的にもカッコいい! tofubeatsさんの人間性や音楽を参考にさせていただきつつ、自分の表現や信念を常に楽曲に反映させられるような音楽作りをしていきたいと思いました。

■配信概要

タイトル:Hulu & TikTok 共同Project「Once in a Blue Moon」

配信期間:2021年7月20日(火)からHuluで第3弾の独占配信をスタート

配信内容:7月20日(火)20時~TikTokでライブ配信(縦画面①)
TikTokライブ配信終了後の20時30分~①~⑤までHuluで独占配信

Rin音スペシャルライブ(縦画面)
Rin音独白#1
Rin音独白#2
Rin音×tofubeats対談
Rin音スペシャルライブ完全版(横画面)

Rin音

福岡県宗像市出身、1998年生まれのラッパー。

18歳からラッパーとしてのキャリアをスタートさせ、数々のMCバトルを総ナメする実力派。

2018 天神U20MC battle Round1 優勝、KMB vol.7 準優勝、チュリトリスワールド優勝などMC バトルで頭角を現す。

クボタカイ、空音、kojikoji などが歌うCHILL OUT 系メロウラップが若者を中心に盛り上がりを見せている中、2019 年7 月に待望の1stEP「film drip」を配信限定でリリースしHIPHOP シーンで新世代のラッパーとして注目を浴びる。

YouTube のチャンネル登録者数は17.6万人を超え総再生回数は5700 万回を達成、2 月にリリースした「snow jam」ではSpotify 国内バイラルランキング1 位、Apple Music総合 ランキング の9 位にまで上昇するなど、各ランキングでも軒並みランクイン。6月10日には1stアルバム「swipe sheep」をリリース。多種多様な日本語を操りリリックが醸し出すエモーショナルな雰囲気は若者を中心に絶大な人気を誇っている。

その活躍は福岡に留まらず、全国的に注目を浴びており、県外でのLIVE イベントでもその才能を開花させた。なぜかスマホの充電が下手で、常にモバイルバッテリーを持ち歩いている。

『第62回輝く! 日本レコード大賞』にて「新人賞」を受賞。2021年、Abema人気恋愛リアリティショー

『恋する♥週末ホームステイ 2021春 Tokyo』の主題歌「raspberry feat.A夏目」と日本テレビ「ゼロイチ」テーマソング「LOW BATTERY BOY」をリリース。7月に初ツアーを実施。




hulu
価格:無料
開発:hulu



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名hulu
対応OS端末により異なります
提供元hulu
レビュー日2021/7/14
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者