その他

20081122_72_1iPhone 2.2software updateが行われたので、早速ためしてみました。
今回のアップデートの目玉はGoogleストリートビューと日本の絵文字対応でしょうか。
意外とマニュアル読まないと使い方がわからなかったので、参考になれば幸いです。





まず、iPhoneをiTunesにつないで、「更新ファイルの確認」ボタンをクリック。いつも通りです。

すると、以下のようなメッセージが。どうやら、今回のアップデートの内容を示しているようです。

このアップデートには、以下の不具合の修正と改良点が含まれています:
・ 絵文字機能をサポート
・ マップ機能を強化
– Google ストリートビュー
– 公共交通機関および徒歩による経路情報
– ドロップされたピンの住所を表示
– メールによる位置情報の共有
・ メール機能を強化
– スケジュールによるメールのフェッチに関する原因が特定された問題を修正
– 横幅の長い HTML メールのフォーマットが向上
・ Safari の安定性およびパフォーマンスが向上
・ Podcast の iTunes アプリケーション(Wi-Fi および携帯電話ネットワーク経由)でのダウンロードが可能
・ 通話着信時のエラーおよび回線切断の発生頻度が減少
・ Visual Voicemail メッセージの音質が向上
・ いずれかのホーム画面表示時にホームボタンを押すと、最初のホーム画面に移動
・ キーボード設定の自動修正機能のオン/オフ設定

このソフトウェア・アップデートと互換性のある製品:
・ iPhone
・ iPhone 3G

機能の説明と詳しい手順については、次の Web サイトでお使いの iPhone のユーザガイドを参照してください:
iPhoneについて

お使いの iPhone の問題を解決する、または追加のサポート情報を確認するには、次の Web サイトを参照してください:
サポート情報

このアップデートのセキュリティに関する内容について詳しくは、次の Web サイトにアクセスしてください:
セキュリティ

色々とアップデートの内容があるようですが、大きいのはGoogleストリートビューと絵文字でしょうか。safariの安定性向上というのも気になります。

では、さっそくレビューに移りたいと思います。

【絵文字編】
絵文字を使うには、まず設定が必要なようです。
トップ画面>設定>一般>言語環境>日本語
と選択していくと、次のような画面が現れます。

20081122_72_2

この画面の絵文字がオフになっているので、オンに設定しなおします。
20081122_72_3

これで、メール操作時に、絵文字専用キーボードを選択することができるようになります。

さて、では実際の絵文字を見てみましょう。
20081122_72_emoji120081122_72_emoji220081122_72_emoji320081122_72_emoji420081122_72_emoji5

ざっと挙げただけでもこのような絵文字があるようです。絵のテイストも若干iPhoneっぽくなっているようです。
また、設定方法がわかりずらいため、あまり詳しくないユーザには不親切な感じがします。せめて、最初から絵文字の設定をONにしておいてほしいですね。
まだまだ他にも絵文字の種類はたくさんありますが、それはご自分で確認してみてください。

お次はGoogleストリートビューです。

【Googleストリートビュー編】
Googleストリートビューをみるためには、ピンを立てて吹き出しを表示させる必要があります

画面右下のボタンをクリックして、メニューを出し、
「ピンをドロップ」ボタンをクリックすると紫色のピンが表示されます。
これを起点にストリートビューを見ることができます。
20081122_72_5

その他にも、いままで通り場所を検索すると下のようにピンがおかれます。
下図は秋葉原で地名を検索した様子。
20081122_72_4

このときに表示される吹き出しの中の、人が中にいるオレンジ色の
丸いアイコンをクリックすると、
その場所を起点としたストリートビューに画面が変化します。

では、さっそくストリートビューの様子を見てみましょう。

20081122_72_sv120081122_72_sv220081122_72_sv320081122_72_sv4

右下の丸い小さな地図を押すと元の画面に戻るようです。
操作感としてはかなりスムーズに動く感じで快適に操作できます。
iPhoneのタッチパネルの操作感とあいまって、かなり気持ちいいです。

最後に、safariのレビュー。

【safari編】

20081122_72_620081122_72_7

これは見たまんま、検索窓がURL枠の左に増えた感じです。
検索窓をクリックすると左図のような入力画面にうつります。

不安定さはもう少しつかってみないとわかりませんが、検索しやすくなったのは間違いないですね。

こうしてみるとかなり大きな更新があった、ソフトウェアバージョン2.2。日本向けの対応も着々とこなしており、使い勝手が向上しているのがわかりますね。







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る