Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/07/31 ツール, 有料アプリ

皆さん、始めまして!
新人レビュワーの「オン・ダック」と申します!!
カフェラテとパンをこよなく愛す、常に睡眠不足の関西人です。
今後どんどんレビューしていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします!!

記念すべき初投稿として、メールやTwitter、Facebookを含む複数のサービスの新着状況を一気にチェックしたい人のためのウィジェットアプリ、「Pure messenger widget」をご紹介します。
私はメールやTwitterの閲覧をスムーズにしたいと考えるため、このウィジェットを使って同一画面上でチェックできるようにしています。

アプリの特徴

  • 各種新着情報をお知らせ
  • ウィジェットから該当アプリを起動
  • 使いやすいインターフェース

Pure messenger widget
価格:€1.39

AppStore_Badge_JP_135x40


早速ホーム画面にウィジェットを表示させてみます。
ウィジェット一覧からお好みの大きさのものを選んでください。
後からサイズ変更をしようとすると、またアカウントの設定から始めなければいけないため、無難に一番小さいものを選ぶのが良いかもしれません。

サイズを決定し終わったら設定画面が開きます。次はアカウントと更新頻度などの設定を行います。
このウィジェットの良いところは、人気のサービスにしっかりと対応しているところです。
メールであればGmailはもちろん、POP3、IMAP、Exchangeサーバーのメールアカウントの設定もできます。
他にもSMS、Facebook、Twitterに対応しています。
設定画面はウィジェット起動中はいつでも開くことができます。

4×2サイズで表示してみました。
1件ずつしか表示されませんがコンパクトです。

ウィジェット選択時に「(list)」と書かれているものにすると、新着情報が複数件表示されるようになります。
アイコンや操作感も1件表示のものとは少し異なります。

このウィジェットは基本的に閲覧することがメインであるため、返信などの操作はそれぞれのサービスに対応したアプリを使用することになります。
本文の下に表示されているアイコンの右から3つめのアイコンをタップすると「Message action」メニューが表示され、そこから返信等のアクションを選択するとアプリの選択画面に切り替わります。
ウィジェットから直接Gmailなどのアプリが開けるので、ホーム画面からアプリを探す手間はかかりません。

また、TwitterのReplyやRetweetには対応しているので、ウィジェットから直接つぶやきを投稿することが可能です。
「Update Status」で通常のPostもできます。これは便利です。
しかし、メールアカウントは複数設定できますがTwitterのアカウントは1つだけとなっています。

どのサービスの新着情報であるかアイコンを見るだけで分かるところも、このアプリの良いところです。
Twitterの場合はちゃんとツイートした人のアイコンが表示され、アドレス帳に写真を登録してある人のメールには写真のサムネイルが表示されます。

未読数も右上に赤い太字で分かりやすく表示されています。
初期設定では、本文下にあるチェックボタンを自分で押すまでは未読扱いのままになるようになっていますが、一度見たものは全て既読扱いにする、という設定にも変更できます。

メールなど字数の多いものはインターフェイスに収まらない場合もありますが、本文をタップするとフル画面で確認することができます。

最初の設定の時点で新着情報の取得頻度を決められますが、TwitterやFacebookのアカウントを設定すると最短でも15分間は自動受信されません。
しかし、手動でリフレッシュボタンをタップすることで情報を更新することが出来ます。
これについてはユーザー毎に好みの分かれるところかもしれませんが、1つのウィジェットでまとめて各種サービスの新着を確認できるのは驚くほど便利です!





Pure messenger widget
価格:€1.39

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Pure messenger widget
価格 €1.39
バージョン 1.7.7
デベロッパー名 Francois DESLANDES
レビュー日 2010/07/21


関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る