Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/09/30 ビジネス

今回は『EiCash Classic』というお小遣い帳アプリを紹介します。
PalmOSでも大人気のお小遣い管理アプリがAndroidでも登場です!
奇抜な機能はありませんが、基本を完璧に押さえた非常に使いやすいアプリです。

アプリの特徴

  • PalmOSで人気の使いやすい小遣い帳アプリ
  • 電卓機能付き
  • テンプレートによる作業の効率化が可能

EiCash Classic
価格:無料

起動画面には、過去に作成した帳簿が並びます。
始めて使用する時は、新しい帳簿を「メニュー」から作成してみましょう。
ちなみに、メニューからは「バックアップ」や「リストア」、各種設定が可能です。
設定では起動時のパスワードも設定できるので、見られたくないデータが入っていても安心です!

帳簿を作成する際には「小数点以下を使用する」も設定できます。
海外旅行など、小数点まで使う外国の通貨を扱う場合にも対応しています。

帳簿を選択すると、中は4つのタブで構成された仕様になっています。
まずは「記帳」。いつ、どのような目的で、何に対して、いくら出金または入金したかを記載します。
左下のボックスにメモを入れて、数字を入れて、その下の「記録」で記帳します。
「電卓」機能を使うこともできるので他のアプリの出番はありません。

用途に関してはこのような選択式です。この項目の編集も可能なので、後述します。
出金/入金選択や日付の選択もこのようなダイアログで行います。

ここでもう1つ便利なのがテンプレート。先ほどの画面で「TP」をタップするとこちらの画面へ移動します。
「追加」を押すと前の画面の状況が保存され、次回から使い回しが出来ます。
この機能、値段が一定のものなどでテンプレートを作っておくと、面倒な記帳作業がワンタップで出来るようになり非常に便利です。

記載したデータは「履歴」に時系列順にまとめられます。
入出が簡単にわかっていいですね。こういう表示はシンプルに限ります。
項目を長押しすれば修正も可能です。

「小計」では、先ほどの用途に沿った小計を出金/入金別に見ることが可能です。

そして最後の「費目管理」では、用途の並び替えや追加、削除が可能です。
この費目は入金と出金それぞれに追加、管理が可能です。

いかがでしたでしょうか。
基本をしっかりと抑えたアプリだと思います。機能が不足することもなく、かといって多すぎて把握出来ないということもありません。
記帳の際の日付も当日の日付が基本的に入るので、ほんの少しの記入をささっと行うだけでOKです!
PalmOSで大人気の理由が良く分かる完成度です!





EiCash Classic
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 EiCash Classic
価格 無料
バージョン 1.5.8
デベロッパー名 Hiekichi
レビュー日 2010/09/02


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る