Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ライフスタイル

「昨日の夜は、何を食べましたか?」と聞かれて、なかなか思い出せない経験はありませんか?
今回ご紹介するアプリは、毎日の食事を写真に撮って自分の食生活をあらゆる面で管理することを目指す、食生活レコーディングアプリ『eat-app』です。
デザインがとてもキレイなアプリなので女性にもおすすめです!

アプリの特徴

  • 写真付きで食事の記録を取り健康を管理
  • 体重変化をグラフ化してダイエットをサポート
  • 食事をした場所もマップ上に記録可

eat-app
価格:無料

本アプリは、食事をカメラで撮影し、時間やカロリー、コメントを記録していくことで自分の食生活を管理するためのものです。
コメントを付けて食事日記にしたり、食事のバランスや習慣を把握して食生活の改善に役立たせるなど、健康アイテムとしても利用できます。
写真から位置情報の取得・登録も行えるので、自分が「いつ/どこで/なにを」食べたのか簡単に確認することができます。
また、摂取カロリーや体重も設定することができるので、ダイエットのアイテムとしても活用できます。
本アプリのオフィシャルサイト(下の画像)には詳しい使い方やビデオガイドなどがありますので、そちらも参考にしてください。
eat-app

さて、アプリのご紹介に移ります。
こちらが起動画面です。
Menuボタンから「カメラ」を選択して食事の写真を撮ると、新しい記録を追加することが出来ます。あらかじめカメラで撮った写真を、「読み込み」してもOKです。

写真にはコメントをつけることが出来ます。
コメントは140字以内であれば入力可能なので、献立や簡単なレシピのメモにも使えるかもしれません。

こちらは記録の一覧表示画面です。
自分が毎日何を食べているのか見返すと、なぜか新鮮な気分になってきます。不思議です。
また、食事の偏りや食事時間の乱れなど、何か自分の食生活について発見があるかもしれません!

ここで端末を横向きにすると、体重の推移や毎日の摂取カロリーがグラフ表示されます!
下図の赤い実線が目標体重、赤い点線が記録開始時の体重、オレンジの線が達成目標日までのガイドライン、そしてグレーの線が実際の体重の推移です。
「カロリー」は、毎日の総摂取カロリーが棒グラフで表示されます。

このアプリはGPS機能と連動して場所も記録することができるので、「どこで」食事をしたのか一目瞭然です!
現在地から、その周辺で過去に食べたリストも確認できるので、自分専用のグルメマップを作ることができます。

「毎日の食事を記録して、後から見返す。」
これだけで、自然と食事に気をつけるようになるかもしれません。何より、見返すのが意外と楽しいです。
記録には料理の写真が必要となりますが、写真無しで記録できたらより嬉しいですね。
食生活記録アプリ『eat-app』を使って、ぜひ毎日の食事を活かしてみてください。





eat-app
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 eat-app
価格 無料
バージョン 1.3
デベロッパー名 Digitalize Inc.
レビュー日 2010/09/13


関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る