Androidはタダでも儲かる、Google社CEO エリック・シュミット氏

 

米ニュースサイトNewsweek.comは、GoogleはAndroidを無償で提供しているにもかかわらずOSの開発コストを十分にまかなえる利益をAndroid端末上に表示する広告から得ている、と同社のCEOエリック・シュミット氏が発言したと報じた。


Googleはこれまで、スマートフォン向け広告配信サービスの「AdMob」の買収や、同社がPCサイト向けに展開する「AdSense」のスマートフォン向けサービスを用意するなど、Android上での広告配信に力を入れてきた。また、AndroidはPCサイトも閲覧できるため、通常の「AdSense」も表示可能だ。このAndroid上に表示する広告によって、今、莫大な富が錬金されようとしている。

加えて、エリック・シュミット氏によれば、音楽や映像をAndroidユーザーに販売することでも利益を得ることができるだろうとしている。事実、Googleが音楽配信を開始するという噂もある。

同氏は、世界中のAndroidユーザーが10億人に達した時、仮に一人あたり年間10ドル(約1000円)の広告収益が見込めるとすると、100億ドル(約1兆円)の収益になるだろうとも語っている。これは年商約210億ドル(約2兆1千万円)のグーグルにとっても十分大きな収益源になるだろう。(※為替1ドル100円計算の場合)

参考資料







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者