Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/11/1 ツール

普段よく利用するアプリは、ホーム画面にショートカットを置いておきたいもの。
しかし、ホーム画面のスペースには限度があります。

「これ以上、ショートカット置けないよ・・・。」とお悩みの方に、ホーム画面の1×1のスペースに複数のショートカットを配置することができるウィジェットアプリ、『Multicon Widget』をご紹介します。

アプリの特徴

  • ホーム画面のスペースを有効利用できるショートカット作成ウィジェットアプリ
  • 1×1サイズのスペースにたくさんのショートカットを設置可能
  • アプリ以外のショートカットも設置可

Multicon Widget
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


本アプリはウィジェット専用アプリです。ホーム画面を長押しするなどして、まずはウィジェットのサイズを選びましょう。
ウィジェットのサイズは、1×1~1×4までの4種類です。サイズを決めるとホーム画面にウィジェットが表示されます。
今回選択したサイズは1×1ですが、表示されたウィジェットには4つのボックスが用意してあります。
後はこのウィジェットの中に、アプリのショートカットを配置していくだけです。
Multicon Widget-5-40-1

ウィジェットをタップすると、設定画面が開きます。
4つのボックスがあるので、この1×1サイズのウィジェトには4つのショートカットを配置することができます。同じスペースに4倍のショートカットがおけるようになります。これは、何だかお得です!
それでは、各ボックスにアプリを割り当てていきましょう。
Multicon Widget-5-40-2

各ボックスのアイコンをタップすると、「Apps」「Shortcuts」「Other」のタブで分けられた画面が開きます。
「Apps」タブからアプリのショートカットを、「Shortcuts」タブから連絡先などを選択できます。連絡先まで登録できるのは嬉しいですよね。
Multicon Widget-5-40-3

そして、「Other」タブ。ここでは、普段端末の「設定」で切り替える「WiFi on/off」などをウィジェットに配置することが出来ます。
しかし、それ以上に重要なのが一番上にある「Edit mode」。これは、本アプリのこの設定画面を開くためのものです。
仮に全てのボックスにアプリのショートカットを登録した場合、そのウィジェットからこの設定画面移動できなくなります。もちろん、それでも良いのですが、本アプリのウィジェットを2つ3つとたくさん作成して利用する時は、全てのボックスのどこか1つでいいので、これを入れておいてください。ウィジェットを再編集する時に、大いに役立ちます。
Multicon Widget-5-40-4

さて、1×1サイズのウィジェットに配置できるショートカットの数は4つでしたが、実はそれ以上配置することができます。
画面上の「Columns」と「Rows」の数値を増減させることで、ボックスの数を変更できます。結構、増やすことができます。
ただし、ウィジェットのサイズは1×1のままなので、あまりボックスの数を増やしすぎると、ショートカットを押しづらくなるので注意してくださいね。
Multicon Widget-5-40-5

ウィジェットに配置するショートカットが決まったら、画面左下「Done edit」で編集終了です。
ホーム画面にコンパクトになったショートカットが並びます。もちろん、それぞれを押せば、そのアプリ等が起動します。
Multicon Widget-5-40-6

ホーム画面の数を増やしても、やはり一番アクセスが良いのはトップの画面です。
この画面のスペース不足に困っていた方は、ぜひ試してみてください!





Multicon Widget
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Multicon Widget
価格 無料
バージョン 1.6.2
デベロッパー名 H9kDroid
レビュー日 2010/10/30


関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る