Android(>アンドロイド)ニュース

2011/03/3 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】 公式マーケットで配布されたアプリにもマルウェアが混入、Googleが削除

3月1日、Googleがマルウェアが混入しているおそれがある21個のアプリをAndroidマーケットから削除したと、Mashableは報じた。
今回初めて、公式のAndroidマーケットで配布されたアプリにマルウェアが仕込まれていたことが明らかとなった。



これまで発見されていたマルウェア混入アプリはすべて非公式のマーケットで提供されていたが、今回初めて公式のAndroidマーケットで発見された。

マルウェアが混入したアプリは「MYOURNET」「Kingmall2010」「we20090202」といった名前のディベロッパーが提供していたアプリ。
マルウェアに感染した端末は機種やプロダクトID、言語、国、ユーザーIDなどの情報を、外部のサーバーに送信してしまうおそれがある。

マルウェアの被害に合わないためにも、アプリをインストールする際には求められるアクセス権限をしっかりと確認してもらいたい。

【関連ニュース】
日本語の海賊版Androidアプリにマルウェアが混入される

【情報元】
Mashable -Google Pulls 21 Apps In Android Malware Scare







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る