【ニュース】 ビットワレット、Androidアプリ版『Edy』でオートチャージ機能提供へ

 

電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは12日、Androidアプリ版『Edy』において自動で電子マネーの補充(チャージ)を行う「Edyオートチャージ」機能を提供することを発表した。18日15時から開始する。
従来は利用前に残高の確認を行い、不足している場合には手動でチャージを行う必要があった。

「Edyオートチャージ」は、1時間に1回Edyの残高をチェックし、残高が設定額以下になるとオンラインで自動的にチャージを行う機能。ユーザーは事前にクレジットカード情報とオートチャージ金額を設定することで利用できる。
1日にチャージできる限度額の設定や、紛失時にPCからオートチャージを解除できる機能など、安全面を考慮した機能も用意されている。

なお、従来の携帯電話で既に提供している「Edyの受け取り(Edyギフト)」と「Edyお預け機能」も同日からAndroidアプリ版『Edy』で利用可能になる。

【関連情報】
プレスリリース | ビットワレット
Edy – Android マーケット







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者