【ニュース】 Skype、自社のAndroidアプリに脆弱性があることを発表

 

Skypeは16日、Android向けに公開中の『Skype』アプリにセキュリティ上の脆弱性が見つかったことを明らかにした。また、現在その問題を修正するために作業中であることも発表した。
『Skype』アプリを利用している端末に悪意のあるアプリをインストールすると、Skypeに保存されている個人情報を悪用される可能性がある。

この問題については、Android情報サイトの「Android Police」が発見したもので、悪用される可能性のあるデータには「Skypeに登録した個人情報」や「コンタクトの情報」、「チャットの履歴」などが含まれるとしている。
Skypeはこの問題を解決するために作業中とのことで、近いうちに更新版がリリースされると思われる。

それまでの間、この脆弱性を悪用されないためには、

  • 信頼のおけるマーケット以外からアプリをインストールしない
  • 信用できない開発元のアプリをインストールしない
  • アップデートまでSkypeをアンインストールする

といった対策が上げられる。

悪意のあるアプリをインストールしない限りは悪用されることはないのであまり身構える必要は無いが、新たにアプリをインストールする際には注意を払うことをSkypeは勧めている。







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者