Heatmap Live Wallpaper : 触ったところが光りだす!サーモグラフィー風ライブ壁紙!Androidアプリ1740

 

『Heatmap Live Wallpaper』は、触れたところに光が灯るライブ壁紙アプリです。

物体の温度を青や、赤の色で可視化する装置、サーモグラフィー。テレビの実験番組などで良く使われていますね。
今回ご紹介するアプリは、タップする頻度によって青から赤にホーム画面が光るライブ壁紙です!
タップする頻度を温度に見立て、まるでサーモグラフィーのように変化していきます。

このアプリは2012年2月7日現在、Androidマーケットから削除されています



アプリの特徴
  • 触れる度にホーム画面の色が変化していくライブ壁紙アプリ
  • タップの頻度によってサーモグラフィーのように変化
  • 変化する色は数パターンの選択が可能







まずは、ライブ壁紙の選択画面で「Heatmap」を選択します。

最初は何も写っていない真っ黒いプレビュー画面が表示されます。
本アプリは、この画面をタップしたりフリックしたりすることで面白さが現れてきます。








タップやフリックを繰り返すと、画面のところどころに青い光が灯ってきます。
青い光はさらにタップを繰り返すと赤くなっていきます。その様子はまるでサーモグラフィーのようです!
触れたところが可視化されていく様は、とても不思議です。








設定を少し変更してみましょう。
設定画面で、「Color palette」>「Traffic light」をタップしてみてください。







プレビュー画面に戻ると、光の色合いが変わっていることに気づくと思います。
他にもいくつかパターンが用意されており、好みに合わせて変更することができます。どの色合いも神秘的に見えとても魅力的です。
なお、一つ一つの光のサイズや密度の変更は、設定の「Blob size」や「Blob density」から行えます。

納得のいく設定ができたら、「壁紙に設定」をタップして完了です。
後はホーム画面でこの不思議な壁紙を楽しんでください。




タップの頻度によって壁紙の色が変化していく様子は、見ているだけで飽きません。ついつい同じところを触り続けてしまいます。
また、自分が良く触れている場所が分かるというのも面白いですね。
ちょっと変わった壁紙をお探しの方におすすめのアプリです!









おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Heatmap Live Wallpaper
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.3
提供元Cellcrowd
レビュー日2011/05/18
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者