Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/06/30 文字入力

『ArtIME 日本語入力』は多彩な機能と使いやすさ、そして素晴らしいデザインを兼ねそなえた日本語入力用のキーボードアプリです。

このアプリは日本語入力システム「OpenWnn」をベースに、Wikipedia検索やマッシュルームにも対応しています。
フリック入力やカーソルパッドなどの操作方法が用意され、ソフトフェアキーボードならではの文字入力が行えます。

さらに注目したいのは、着せ替えができるキーボードのテーマ。その見た目の美しさ、可愛さは他のキーボードとは一線を画します。
男性のみならず、女性にもおすすめしたいアプリです!




アプリの特徴

  • 美しく可愛いデザインに着せ替えられる「OpenWnn」ベースのキーボードアプリ
  • Wikipedia連携機能で入力した単語を自動検索して背景に表示
  • カーソルパッドでコピー&ペーストが簡単
  • マッシュルームにも対応

ArtIME 日本語入力
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


アプリインストール後に、まずは導入設定を行いましょう。
「言語とキーボードの設定」の「ArtIME 日本語入力」をタップしてチェックを入れます。
ちなみに、この「言語とキーボードの設定」の画面にはキーボードの設定も並びます。
「ArtIME 日本語入力」の設定では、操作音や感度の調整、ユーザー辞書の編集に加え、キーボードを着せ替えるなどの変更が行えます。

続いて、文字を入力するときにの入力枠をロングタップしてください。
メニューが表示されたら「入力方法」>「ArtIME 日本語入力」を選択します。
これで文字入力の際に、本アプリが利用できます。



他のキーボードアプリをインストールした際にも、以上のように導入設定を行えば利用できるようになります。覚えておくと便利ですよ。
なお、このアプリをアプリ一覧から起動したときの画面(下の画像)にも詳しい説明がなされているので、そちらも参考にしてみてください。



このキーボードには、スマートフォンですっかりお馴染みの「フリック入力」が用意されています。
各文字を上下左右にフリックさせることで、文字を選択することができます。
キーボードが半透明になっているのは特徴的ですね。

QWERTYキーボードと12キー式キーボードの切り替えは、地球のキーをタップすることで行います。


ArtIME 日本語入力ArtIME 日本語入力

このキーボードアプリは、デザインにも力を入れています。
先の通りキーボードを着せ替えることができ、男性が好みそうなクールなものから、ハートをモチーフとしたキュートなデザインのテーマなどが用意されています。

他にも、ポップなテーマがいくつか用意されているので、女性のユーザーにもおすすめです!



デザインも魅力的ですが、機能も充実しています。その1つが、Wikipedia連携機能です。
入力した文字をWikipediaで検索し、キーボードの背景に表示してくれます。
そして、背景にWikipediaの項目が表示されているときに「ABC」のキーをロングタップすることで、ブラウザアプリでその該当ページを表示することができます。

なお、この機能はキーボードのデザインで「ウィキペディア」を選択している時のみ利用できます。



カーソルパッドも搭載しています。
カーソルパッドによって文字の選択がスムーズに行え、コピー&ペーストが簡単にできちゃいます!

12キー式キーボードの時はスペースキーの上の黒い四角のキーから、QWERTY式キーボードの時にはShiftキーを長押しすることで、カーソルパッドが表示されます。

カーソルパッドをダブルタップすると文字選択モードなるので、あとは上下左右になぞるだけで簡単に文字が選択できます。




この他、マッシュルームにも対応していることや、OpenWnnをベースにしていることもあり、他のキーボードアプリからの乗り換えも比較的違和感なく行えると思うので、気になった方はちょっと試してみてください!





ArtIME 日本語入力
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 ArtIME 日本語入力
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.0.4
デベロッパー名 Kenichi Takahashi
レビュー日 2011/05/20


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る