山旅ロガー : 山登り、トレッキングのお供に!GPSロガーアプリ!Androidアプリ2180

 


『山旅ロガー』は、GPSを使って現在地の取得・記録ができるアプリです。

長い夏も終わり、秋~紅葉シーズンにかけて山登りやトレッキングに最適な季節になりました。
山登りやトレッキングを終えた後は、自分の歩いた距離や標高差などを知ることで、より一層達成感を得ることができます!
本アプリではGPSログを取り、グラフにして表示することができるほか、他アプリ・サービスと連携することもできます。
また、GPSのみを利用するため圏外でも利用することができ、バッテリーの消費も抑えられます。



アプリの特徴
  • 山歩き・サイクリングに最適なGPSロガーアプリ
  • 圏外でも利用でき、バッテリー消費が少ない
  • 『地図ロイド』や『MyTracks』など他アプリとの強力な連携機能
山旅ロガー
価格:無料
開発:kamoland







本アプリでは、現在地の取得にGPSを利用します。利用する際は、GPSをONにしましょう。

また、同じ開発者による国土地理院の地形図を閲覧できるアプリ『地図ロイド』をあらかじめインストールしておくことで、ログを地図上に表示することができます。

準備が完了したら、さっそく山に出かけましょう!






 

画面右上のインフォメーションボタンで、測定モードを変更できます。
移動の速度は自転車以上または徒歩から、測定間隔は30m、50m、70mから選択できます。

測定を開始すると、通知欄に現在の移動距離とGPS衛星の受信状態が表示されます。



測定をタップしていよいよトレッキング開始です!

圏外になってしまう山奥などでは、機内(電波OFF)モードに設定することで電池消費を少なくすることができます。
なお、設定画面より測定開始時に、自動で機内モードに切り替える設定にすることも可能です。



 

トレッキングが終わったら「測定終了」をタップして測定を完了します。お疲れ様でした!
保存されたログは、「測定結果の一覧を表示」またはカレンダーに一覧で表示されます。








保存されたログをタップすると、蓄積距離や速度、標高などのデータをグラフで表示することができます。
画面下部のボタンをタップすることで、左右の単位を変更します。

また、先ほどの『地図ロイド』をインストールしてある場合はアイコンが表示され、アイコンをタップして地図上でルートを表示することができます。







記録したログデータはGPX/KML形式で他アプリと共有、ファイル出力できるほか、トラッキングアプリ『MyTracks』でルートを見ることもできます。
また、Googleの「Fusion Tables」にアップロードすることで、パソコンのブラウザからログデータを参照することもできます。



単純なGPSロガーアプリの範囲に留まらず、他アプリとの連携が行える素晴らしいアプリです。圏外でも利用でき、バッテリー消費が少ないのも嬉しいポイントですね。
自転車でも利用できるのサイクリングにも最適です!ぜひ”山”へお出かけの際は、本アプリをお供にしてみてください!




山旅ロガー
価格:無料
開発:kamoland





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名山旅ロガー
対応OSAndroid 1.5 以上
バージョン3.0
提供元kamoland
レビュー日2011/09/05
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者