Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/10/17 エンターテイメント

『夜スル!イケメン★アラーム』は、エスエス製薬の便秘薬「スルーラックS」公式のアラームアプリです。

「イケメンにお通じを報告する」アプリということで、公開直後からTwitterなどで話題沸騰している本アプリ。
便秘に悩む女性向けに「スルーラックS」の効果を実感してもらうために、お通じの記録を管理できるアラームアプリとしてリリースされました。
女性向けということで3人のイケメンが登場し、就寝時にバーチャルコミュニケーションができ、朝は甘い声で起こしてくれます。
イケメンを撫でて反応を楽しんだり、「胸キュンフレーズ」を囁かれたり・・・。スマホ女子必見のアプリです!



アプリの特徴

  • イケメン男子が優しく起こしてくれるアラームアプリ
  • 3人のイケメンとバーチャルコミュニケーション
  • 夜スル!やお通じの記録を管理
  • Twitterなどで話題沸騰のアプリ

夜スル!イケメン★アラーム
価格:無料

夜スル!イケメン★アラーム

トップ画面から爽やかな3人のイケメン男子が出迎えてくれます。

本アプリは、就寝前に布団の中でスマートフォンを利用する女性が多いことをヒントに開発されました。
電車の中などで使うには少し恥ずかしいですが、1人で利用するなら安心ですね。

布団の中で思う存分イケメンに癒してもらいましょう!


夜スル!イケメン★アラーム夜スル!イケメン★アラーム

販促用アプリということもあり、「スルーラックS」の解説や倉科カナさんが出演するCMも収録しています。
「スルーラックS」を初めてお知りになった方は、一通り見ておくと良いでしょう。

また、スマートフォンに詳しくない女性ユーザーでも安心して利用できるように、丁寧な解説もされています。



「はじめる」をタップしてキャラクターの選択画面が表示されます。
キャラクターは爽やか系の「日向 大輝」、インテリ系の「速水 賢」、おじさま系の「城之内 巽」の3人から選ぶことができます。
3人ともまさに”イケメン!”という感じで、迷ってしまいますね。

夜スル!イケメン★アラーム夜スル!イケメン★アラーム夜スル!イケメン★アラーム



好みのキャラクターを選んで、「この人に決める」をタップして次に進みましょう。

夜スル!イケメン★アラーム

キャラクターを選択すると、ノベルゲームのように選択肢が表示され、バーチャルコミュニケーションを楽しむことができます。
顔や体をタップすると反応したり、ごく希に”胸キュンフレーズ”を囁いてくれます。
どんな”胸キュンフレーズ”なのかは、実際にインストールして聞いてみてくださいね。

ちなみに「夜スル!」とは”気持ちよく朝を迎え、自分らしい一日を送るための新しい合言葉”とのことです。



夜スル!イケメン★アラーム

イケメン男子とのバーチャルコミュニケーションを楽しんだら、「おやすみ画面にすすむ」をタップして目覚ましを設定しましょう。
すると画面が横向きに変わり、まるで添い寝してくれるような画面になります。

こちらでも顔や体を触って反応を楽しむことができますが、ほどほどにして眠りにつきましょう。


夜スル!イケメン★アラーム

アラームを設定した時間になると、甘い声でイケメン男子が起こしれくれます。
イケメン男子と会話を楽しめたり、添い寝してくれたり、起こしてくれたり・・・と、なんとも贅沢なアプリです。



夜スル!イケメン★アラーム

また、薬の服用やお通じを記録して管理することもできます。
先ほどのバーチャルコミュニケーションの中で自動で登録されるほか、手動で登録・編集することもできます。

そのほか、TwitterやFacebook、mixiの友だちにイケメンを紹介する機能もあります。
オススメのイケメンをぜひ友達と”共有”してみてください!



かなりインパクトの強いアプリですが、実用性と楽しさを兼ね備えたとても面白いアプリだと思います。
便秘にお悩みの方にはもちろん、話題のネタとしてもオススメできるアプリです。
「スルーラックS」と本アプリで”夜スル!”を実践して、気持ちの良い毎日をお送りください!





夜スル!イケメン★アラーム
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 夜スル!イケメン★アラーム
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.0.2
デベロッパー名 エスエス製薬株式会社
レビュー日 2011/10/06


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る