Android(>アンドロイド)ゲーム

2011/10/18 アクション / スポーツ

『Third Blade』は爽快な連続攻撃が楽しめる2D横スクロールアクションゲームです。

最近では純国産ゲームメーカーも続々とAndroid向けにゲームを発売し、「日本語環境で安心して遊べる」作品も現れ始めました。しかし無料で高クオリティのゲームアプリというと…残念ながら英語圏の物が多く、言語の壁から良作ゲームでも敷居が高くなってしまいがちでした。

本アプリは無料でありながら、日本語表記に対応。しかも美麗なグラフィックと、爽快なコンボ・武器持ち替え・ショップなど多彩なシステムを備えており、Androidゲーマーなら、絶対にインストールしておきたい1本です!



アプリの特徴

  • 日本語対応の横スクロールアクション
  • 特性の違う三種類の剣を使い分け
  • コンボゲージやスキル等の多彩な戦闘システム
  • レベルアップ・ショップ・装備等のRPG風要素

Third Blade
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


Third Blade

イベントシーンやメニューはほぼすべて日本語に対応しており、国産のゲームと同じように気軽にプレイできます。

グラフィックも無料ゲームとは思えない美しさで、どんどん世界に引き込まれていきます。


Third Blade

ステージ移動画面では、難易度を3段階で変更することができるので、自分の腕前に合わせて調整できます。

ショップに立ち寄ったり、以前クリアしたステージに再チャレンジすることも可能です。


Third Blade

操作は画面上のパッドで行ないます。

攻撃を連続で決めると右上の「コンボゲージ」が増加し、一定数で属性攻撃の追加やスキルゲージ回復など、様々な効果が現れます。

何より、敵をザクザク斬っていく爽快感が、このゲーム最大の魅力です!


Third BladeThird Blade

左上のアイコンをタッチすると、武器を持ち替えることもできます。

・両手剣:攻撃力やリーチは劣るが、素早い連続攻撃が可能。
・片手剣:バランスの良い標準型。
・大剣 :攻撃力とリーチに優れるが、攻撃速度が遅い。

状況により使い分けるのも、1種類の武器を使い込むのもプレイヤー次第です。


Third BladeThird Blade

また通常攻撃左のボタンで、武器によって異なる「スキル」を使用する事もできます。

強力な攻撃以外にも、HPの回復など様々な効果のスキルがあり、ショップで新しいスキルを購入することもできます。


Third Blade

敵を倒せば経験値とお金が得られるという、RPG的な要素もあります。

レベルアップによって能力はどんどん上昇するので、苦戦するようなら雑魚を狩って経験値とお金を稼ぎましょう。


Third BladeThird Blade

ステージ最後にはボス戦が控えています。
強敵揃いですが、スキルやアイテムを駆使して撃破しましょう!

見事ボスを倒すとステージクリア!
戦績によりボーナスもあるので、高評価目指して頑張りましょう!


Third Blade

ステージをクリアすると、ショップでアイテムやスキルを購入できます。

装備は各部位ごとに強化できるのですが、武器3種をすべて強化しようとするとそれなりに値が張ります。

そのため、敢えて使いやすい武器のみを強化し続けるというのも一つの手です。



いかがでしょうか?
開いた時間に手軽に爽快感を味わうのも良し、クリアしたステージを何度もプレイしてじっくりキャラや装備を強化するのも良し、プレイスタイルに合わせて、さまざまな楽しみ方ができます。

ちなみに本アプリ、無料とは思えないクオリティですが、それもそのはず、iPhone版は有料アプリ。
それが無料で楽しめるのもAndroidユーザーの特権ということで、存分に楽しんじゃいましょう!

最後に、公式のプロモーションムービーをご覧ください。
※Android端末からご覧の方は以下のリンクよりYouTubeアプリを起動してご覧ください。
Third Blade Game Trailer





Third Blade
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Third Blade
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.0.2
デベロッパー名 Com2uS
レビュー日 2011/09/17


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る