Android(>アンドロイド)ニュース

2011/10/24 Android(アンドロイド)ニュース

【最新アップデート】NTTドコモ、10月24日より「GALAXY Tab LTE 10.1」に対しての最新ソフト更新サービスを提供開始

NTTドコモは、Androidタブレット製品である「GALAXY Tab LTE 10.1」(サムスン製)向けソフトウェア更新サービスの提供を、10月24日から開始した。
更新はパケット通信経由の他、PC経由でも可能。今回のソフトウェア更新は、フロントカメラ利用時の不具合修正が目的だ。






ドコモは10月17日の時点で「GALAXY Tab LTE 10.1」のカメラ利用時の不具合を明らかにしていたが、その問題点の修正の準備が整ったために、ソフトウェア更新の提供が開始されたもの。

肝心のソフトウェア更新に必要な所要時間は、パケット通信経由の場合で約8分、PC経由の場合は約20分程度。パケット通信による場合は、自動更新には対応しておらず、事前にSamsungアカウントの設定が必要。

ただし、今回アカウントを設定しておけば、今後の更新通知が行われるとのこと。当然3G回線ではパケット通信料がかかるが、Wifi経由ではかからない。
PCからの更新の場合は、事前に「Samsung Kies 2.0」のインストールが必要だ。「Samsung Kies 2.0」の対応OSは、Windows XP/Vista/7となる。

更新後は以下のようにビルド番号変更となる。
バージョンアップ前:HONEYCOMB.SC01DOMKJ2
バージョンアップ後:HONEYCOMB.SC01DOMKJ7
ビルド番号は設定メニューの「端末情報」から確認可能だ。

【最新アップデート】NTTドコモ、10月24日より「GALAXY Tab LTE 10.1」に対しての最新ソフト更新サービスを提供開始



【関連情報】
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dのソフトウェア更新内容|提供中のソフトウェアアップデート情報|NTTドコモ
パケット通信による方法の手順書(PDF)|NTTドコモ
パソコン接続による方法の手順書(PDF)|NTTドコモ
「Samsung Kies」のダウンロードサイト|SAMSUNG mobile|サムスン電子株式会社







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る