Android(>アンドロイド)ニュース

2011/11/14 Android(アンドロイド)ニュース

【NEWリリース】カヤック、被災前後で変わりゆく街の様子を伝える『復興の窓』をリリース

株式会社カヤックは14日、東日本大震災で被災した宮城県塩竃の様子を伝えるAndroidアプリ『復興の窓』の提供を開始した。

同アプリは「震災をを風化させてはいけない」という思いの元、開発されたアプリ。
端末を被災地の方向に向けると、3月11日から現在に至るまでの写真を閲覧することができる。

対応機種はAndroid 2.2以上の端末で、価格は100円。売り上げの全額は日本赤十字に寄付される。






『復興の窓』では、宮城県塩竈市海岸通周辺をはじめ、4つのエリアを拠点として撮影した139枚を収録している。
写真は塩竃市在住のカメラマン大江玲司氏が撮影。大江氏による拠点の様子を伝えるメッセージも添えられている。
アプリ公開後も2012年3月まで毎月、復興過程の写真はアップデートされる予定。

また、「祈り」をテーマにしたオリジナルライブ壁紙も収録する。

同アプリの売上げは販売手数料を除き、全て日本赤十字に寄付される。

同社では、2011年5月から8月まで仙台に支社を設置し、被災地での雇用を通じて仙台復興を支援していた。
支社終了後、現地で見聞した様子を伝えること、そして震災の事実を忘れないことの重要性を感じて、今回のアプリを開発に至ったとしている。

【利用イメージ】
【NEWリリース】カヤック、被災前後で変わりゆく街の様子を伝える『復興の窓』をリリース



【関連情報】
被災前後で変わりゆく街の様子を伝えるアプリ「復興の窓」… – カヤックニュース
『復興の窓』 – Android マーケット







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る