Android News

Android(アンドロイド)ニュース

前週はおとなしい週だったが、今週は米ラスベガスで世界最大の家電見本市「2012 International CES」が開幕したこともあり、新商品・新技術の話題に尽きない一週間だった。中でもソニー・エリクソンのXperiaシリーズ新機種やファーウェイの世界最薄スマートフォンなどは大きな注目を集めた。






【ソニー・エリクソンの話題】

(1) 次世代スマートフォン「Xperia NXT」シリーズ第一弾「Xperia S」

【Androidニュースのまとめ】 2012年1月7日 − 2012年1月13日

ソニーが米国時間9日に開催したプレスカンファレンスでXperia新機種が4つ発表された。その一つが「Xperia S」だ。Xperia Sは「ソニー」ブランドでリリースされる端末でもあり、かつ次世代Xperia「Xperia NXT」シリーズの第一弾モデルでもある。

Xperia Sは3月までを目処にグローバルに展開される予定。国内に関しては、Xperia Sをベーストする「Xperia NX SO-02D」がNTTドコモ向けに用意される。

Xperia Sは1.5GHzのデュアルコアCPU、4.3インチのHDディスプレイ、有効画素数約1210万画素のメインカメラ、130万画素のサブカメラ、近距離無線通信技術「NFC」のチップなどを備える。また、従来のXperiaシリーズとはデザインのテイストに変化が見られる。

※Android端末からご覧の方は、以下のリンクよりYouTubeアプリを起動してご覧ください。
Xperia S – the first Xperia™ Smartphone from Sony®

(2) NTTドコモ向けXperia NX SO-02D

Xperia Sをベースとする国内向けスマートフォンが「Xperia NX SO-02D」だ。NTTドコモから2月以降にリリースされる。ベースは同じなので、プロセッサは1.5GHzデュアルコアのQualcomm製MSM8260、ディスプレイは4.3インチのHD液晶、カメラは有効画素数約1210万画素と130万画素のものを背面と前面に備える。
【Androidニュースのまとめ】 2012年1月7日 − 2012年1月13日
グローバルモデルであるXperia Sをベースとしていることもあり、国内ケータイで定番の機能はサポートされない。ワンセグ、おサイフケータイには非対応ということだ。しかし、内蔵ストレージ容量が32GBも積まれている点などを考えると、この後に紹介する「Xperia acro HD SO-03D」と比較しても魅力的な端末だ。

(3) NTTドコモ向けXperia acro HD SO-03D

日本市場向けの端末がもう1機種発表された。それがNTTドコモ向けの「Xperia acro HD SO-03D」だ。名称から想像できるように「Xperia acro」の後継機種で、HD解像度の液晶ディスプレイを搭載し、基本スペックの向上が図られている。当然ながらワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といった国内定番機能をサポートしつつ、Xperia acro HDでは防水性能まで搭載されている。
【Androidニュースのまとめ】 2012年1月7日 − 2012年1月13日
「Xperia」ブランドと独自のデザイン、そしてハイスペック、加えて国内定番機能と、穴のない完璧に近い仕様の端末といえるだろう。

CPUは1.5GHzのデュアルコア、ディスプレイは1280×720、4.3インチ、カメラは有効画素数約1210万画素、バッテリー容量は1,840mAhだ。3月を目処に発売予定となっている。

(4) LTE対応スマートフォン「Xperia ion」

【Androidニュースのまとめ】 2012年1月7日 − 2012年1月13日

Xperia Sと同様「ソニー」ブランドでリリースされるスマートフォンが「Xperia ion(エクスペリア アイオン)」だ。ionは米通信事業社AT&T向けに今春リリースされる予定の、LTE対応スマートフォン。米AT&TではLTEを4Gと位置づけて展開しており、4Gラインナップの一角に加わる。主な仕様はXperia S、Xperia NX SO-02D、Xperia acro HD SO-03Dなどと同様で、1.5GHzのデュアルコアCPUやディスプレイ解像度は同等。
ただし、ディスプレイサイズは4.6インチと比較的大型だ。カメラも有効画素数1210万画素のメインカメラと130万画素のサブカメラの構成で、共通的な仕様。また、Xperia Sと同じくNFCのチップも搭載する。

(5) ソニー・エリクソンの新社名は「ソニーモバイルコミュニケーションズ」へ

スウェーデンのエリクソンとソニーによる合弁会社だった英ソニー・エリクソンだが、昨年10月にソニーが完全子会社化する意向を明らかにしている。エリクソンが保有するソニー・エリクソン株をソニーが現金で買い取り、100%子会社とする。取引は政府当局、監督官庁の承認を得る必要があり、まだ完了していないが、将来的には「Xperia」シリーズも「ソニー」ブランドで展開される。

そして、社名も「ソニーモバイルコミュニケーションズ」に変更になる予定だ。今回発表されたXperia新商品のうち「Xperia ion」と「Xperia S」はすでに新ブランドの下で展開される事が決まっている。将来的には日本市場でも「ソニー」ブランドから展開されることになる。

【新商品の話題】

(1) ファーウェイ、世界最薄スマホ「Ascend P1 S」

中国Huawei(ファーウェイ)は2012 CESにおいて、世界最薄(同社調べ)となるスマートフォンを発表した。僅か6.68mm厚のボディの「Ascend P1 S」だ。近い厚さのボディを持つスマートフォンは他にもあるが、数値を細かく追っていくとAscend P1 Sが現状では最も薄いスマートフォンになる。

【Androidニュースのまとめ】 2012年1月7日 − 2012年1月13日

その上、基本仕様もレベルが高い。OSはAndroid 4.0で、プロセッサは1.5GHzのデュアルコア、ディスプレイはスーパー有機ELの4.3インチ、解像度は960×540だ。さらにバッテリー容量も比較的大きい。1,670mAhだ。欧州、アジア、北米など様々な地域で4月に発売予定。



(2) 富士通、10.1インチタブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」

富士通からWi-Fiタブレット「ARROW Tab Wi-Fi」が19日に発売される。全国の家電量販店などで販売される予定で、携帯電話回線を利用できないものの、逆に言えばキャリアとの契約が要らず、手軽に購入できるタブレットになる。Wi-Fi(無線LAN)環境下での利用が多い方にはWi-Fiモデルで問題ないはずだ。
【Androidニュースのまとめ】 2012年1月7日 − 2012年1月13日
ARROW Tabの名から想像できるようにNTTドコモ向け「ARROWS Tab LTE」をベースとした端末。この端末から3G/LTE通信機能を省いたような仕様になっている。

OSはAndroid 3.2で、ディスプレイは10.1インチ液晶で解像度は1280×800、ストレージ容量はモデル別に16GBか32GBに分かれる。カメラは510万画素と130万画素の構成で、ステレオスピーカーやDLNA機能なども搭載する。

【その他の話題&あとがき】

その他の話題として、KDDI/ソフトバンクが月末から災害・避難情報の配信を開始します。これは緊急地震速報と同じく、携帯電話回線の混雑に影響されず一斉送信できる緊急速報メールです。KDDIは「緊急速報メール」の一環として開始します。

ほかには、ドコモが毎年実施している学生やその家族を対象としたキャンペーン「応援学割」の2012年版の詳細を発表しました。昨年よりもおトクになっているので、対象者の方は要チェックです。

新製品に関してはCESでは他にも多くの端末が発表されていますが、やはり海外モデルが多いですので、今回はソニー・エリクソンのものに絞って紹介しました。しかし、今年もスマートフォン界隈はにぎやかな一年になりそうです! 

GAPSISがお伝えしました! 来週もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る