【ニュース】ソフトバンク、京セラ製Androidスマートフォン「HONEY BEE 101K」を1月27日より発売

 





ソフトバンクモバイルは25日、京セラ製Androidスマートフォン「HONEY BEE SoftBank 101K」を1月27日より発売すると発表した。

PHSで若い女性に人気のHONEY BEEシリーズの端末で、ポップでかわいいデザインが魅力。
デュアルコアCPUを搭載し、下り最大21MbpsのULTRA SPEEDに対応するなど、ハイスペックな一面も持ち合わせる。

カラーバリエーションは、ホワイトピンク、ピンク、グリーンイエロー、ブルー、ブラックの5色をラインナップ。




透明感のある質感の本体にラメをあしらい、ホログラムが光る通話キーなど7種類のハードキーを搭載。
本体前面には5つの立体的なハードキーを搭載し、長い爪でも押しやすくなっている。

オリジナルキャラクターのハチが動くライブ壁紙や、電話やメールアプリにもハチがデザインされたインターフェースになっている。

200万画素のインカメラでは、美肌にしたり、目や瞳などを大きくする機能を携え、アプリでデコレーションしてプリクラのように楽しむことができる。
そのほか、防水や赤外線通信など女子高生の人気の機能を搭載する。

【スペック】

  • OS:Android 2.3
  • 大きさ:56x117x13.4(mm)
  • 質量:133g
  • 液晶:約3.5インチ (800×480)
  • 外側カメラ:5メガピクセル
  • 内側カメラ:2メガピクセル
  • 防水/防塵:○/×
  • おサイフケータイ:×
  • ワンセグ:×

 
【製品画像】




【関連情報】
ポップでかわいいデザインのHONEY BEE®スマートフォン「HONEY BEE® 101K」1月27日発売 | ソフトバンクモバイル株式会社
HONEY BEE® 101K (ハニービー):SoftBank スマートフォン | ソフトバンクモバイル







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者