【ニュース】米Google、マルウェア対策の一環として自動スキャン機能「Bouncer」をAndroidマーケットに導入したことを発表

 



米Googleは、2月2日付け(米国時間)の公式ブログ上でAndroidマーケットでのマルウェアの拡散を防ぐための機能、「Bouncer(コードネーム)」を導入し、すでに稼働中であることを発表した。
「Bouncer」は開発者がアプリをアップロードする際にマルウェアを検出したり、すでに公開済みのアプリから検知するなどの機能を備えている。




Googleの公式ブログによると、すでに「Bouncer」は昨年から導入されており、2011年前半から後半にかけて、マルウェアのダウンロードが40%以上減少したと伝えている。
「Bouncer」の機能だが、アプリ開発者からアップロードされたアプリが、既知のマルウェアやスパイウェア、トロイの木馬であるかどうかを分析し、最終的にはアップロードされないようにブロックする。その際にはアプリ開発者のアカウントも分析するとのこと。

Googleでは「Bouncer」機能の導入だけにとどまらず、今後ともAndroidマーケットのセキュリティ強化に務めていく方針だ。

【モバイル版Androidマーケット】




【関連情報】
Android and Security – Official Google Mobile Blog







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者