Android(>アンドロイド)ニュース

2012/02/21 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】ソフトバンクモバイル、業界最速のデータ通信サービス「SoftBank 4G」の提供をスタート

ソフトバンクモバイル株式会社は、2月24日より「SoftBank 4G」の提供を開始することを発表した。
「SoftBank 4G」は、2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」を高度化させた「AXGP」を利用したもの。
業界最速と謳われるソフトバンクモバイルの次世代通信サービスだ。






対応エリアは札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市と発表されており、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定。

「SoftBank 4G」の料金プランだが、「4Gデータし放題フラット」(月額5,985円)を提供。
4月30日までの「4Gデータ通信スタートキャンペーン」期間中に申し込んだ場合は、月額4,980円で使い放題となる。
また、スマートフォンやタブレット端末からの利用の場合は、やはり4月30日までの契約で、月額3,880円となる「スマホセット割」も実施するとのこと。

ただし、2012年10月の利用分より、月間5GBを超える通信は自動で送受信最大128kbpsに制限されるが、2GBの利用ごとに2,625円を支払うと5GBを超過した通信でも、制限なく利用が可能となる。

対応端末は、「SoftBank 4G」と「ULTRA SPEED」の2つのエリアで下り最大76Mbps高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」(セイコーインスツル製)を、2月24日より販売開始する。

更に詳しいプラン内容や、キャンペーン、対応機器の詳細などは関連情報のリンク先を参照して欲しい。

【ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI】
「SoftBank 4G」に対応した下り最大76MbpsのモバイルWi-Fiルーター。
「ULTRA SPEED」にも対応。ブリッジモードも装備し、SoftBank 4Gネットワークから101SIまでの速度をそのまま、Wi-Fi環境で利用できる。
同時に10台まで接続可能でマルチSSID設定も対応し、付属するモバイルバッテリーとつなげて合計最大9時間の通信も可能。

スペック
通信方式:AXGP方式、W-CDMA方式
サイズ(幅×高さ×厚さ):約64×100×16.1mm
重さ:約110g
連続通信時間:約3時間(AXGP)/約3.5時間(W-CDMA)
通信速度:下り/最大76Mbps 上り/最大10Mbps

【製品イメージ】
【ニュース】ソフトバンクモバイル、業界最速のデータ通信サービス「SoftBank 4G」の提供をスタート



【関連情報】
業界最速のデータ通信サービス「SoftBank 4G」を提供開始|プレスリリース|ソフトバンクモバイル株式会社
ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI|製品情報|ソフトバンクモバイル株式会社







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る