Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/03/10 ホーム / 壁紙 / アイコン

先日開催された、読者参加型ホーム画面コンテスト「H-1グランプリ」。
その半数近くが使用ウィジェットに挙げていた、カスタマイズ派御用達のアプリが『Glaeja』です。
簡単に言えば「時刻や天気、電池残量などを表示できるウィジェット」ですが、最大の特徴はその豊富なカスタマイズ項目。
豊富すぎてとっつき難さを感じるかもしれませんが、それほど手間をかけなくてもカッコイイものが作れますし、手間をかければH-1出場作のようなスゴいものが作れます。
今回は初めてGlaejaに触れる方向けの、お手軽な利用法をご紹介いたします!



アプリの特徴

  • 非常にカスタマイズ性の高い情報ウィジェット
  • テキスト表示のほか、バーやサークルでも表示可能
  • スキンファイルの保存や適応も可能

Glaeja
価格:無料

ウィジェットサイズも表示情報の豊富さも魅力

Glaeja

ウィジェットのサイズは1×1から4×4の14種類。

本ウィジェットは、設定によって以下の情報が表示できるようになります。
カレンダー/時計(デジタル・アナログ)/天気/電池/SDカード/内蔵ストレージ/メモリ/電波状態/Gmail未読数

しかし初期状態では、時間とバッテリーがテキスト表示されるだけ。
カスタマイズするにはウィジェットをタップし、「スキンの編集」から設定画面を開きましょう。


文字列の法則に慣れれば問題無し

Glaeja

表示情報は開発者であるkanitawaさんのブログの表を参考に設定しましょう。

日時なら「$」、電池なら「#」、天気なら「%」といった「エスケープキャラクタ」で囲って、表示させたい文字列に対応した記号を入れていきます。例えば以下のような感じです。

・2012年03月09日 金曜日 → 【$yyyy年MMdd日EEEE$】
・東京 15℃/8℃ 晴時々曇 10% → 【%p H℃/L℃ T R’%’%】

上記例のように「%」をそのまま表示したい時は、シングルクォーテーション(’)で囲えばOKです。
ここが唯一にして一番戸惑いそうな部分ですが、慣れてしまえば簡単です。


お気に入りの外部フォントも使用できる

GlaejaGlaeja

テキストはサイズやカラーはもちろん、表示位置や傾きまで細かく指定可能です。
またSDカード内の外部フォントを利用できるので、表現の幅は無限大です。

表示内容は画面上部で逐一確認できるので、位置の微調整などもお手軽です。


レイヤーを制する者、Glaejaを制す

Glaeja

『Glaeja』はテキスト以外にも、様々な方法で情報を表示できます。
そして1つのウィジェット中に「レイヤー」として複数の情報を混在できます。

新しいレイヤーは「新規追加」から追加しましょう。
使用できるレイヤーは多数ありますが、今回は初心者でも使いやすいものをご紹介します。


Glaeja

「バー」は、数値をバーグラフで表示させるレイヤーです。
バッテリーやメモリ残量などをバーで表示させると、視認性がよくオススメです。

「現在値となる項目」に「テキスト」と同様のフォーマットの文字列を入れていきます。
例えば内蔵ストレージの使用率を表示させたい場合は以下のとおりです。

・現在値となる項目…【&L&】
・最大となる項目…【100】


Glaeja

「サークル」はそれを丸めただけなので簡単ですね。
標準の向きは時計回りですが、「100%の絶対角度」を-360°にすれば反時計回りに変更できます。

「ハンド」はその現在値を計器の針として表示できるもの。
アナログ時計を自作できます。


ビジュアル効果も多彩にして豊富

Glaeja

また以下のレイヤーは、すぐ下のレイヤーに様々な効果を付け加えます。
・シャドウ…影を付ける
・ミラー…反射させる
・変形と移動…拡大・縮小、回転、歪み、平行移動をさせる
・グラデーション…グラデーションをかける
・テクスチャ…描画部分に画像を貼りこむ。
・マスク……描画部分で画像を切り抜く

「シャドウ」「ミラー」を設定するだけで雰囲気がグッと良くなりなりますよ!


完成したらホーム画面に!自作配布もOK!

Glaeja

完成したら、ホーム画面で確認してみましょう。
上部バーが内蔵ストレージ使用率、右のサークルが電池使用率、その内側にアナログ時計を仕込んでみました。
初めて触ってから30分程度で、こんな感じのオリジナルウィジェットを作れちゃいました!

作りこんだ設定を「スキンファイル」として保存しておけば、機種変更時や初期化時のときもすぐ復元できますし、自信作を友人に配布することもできます。

スキンファイルを公開しているサイトも多いので、Googleから「Glaeja スキン」などのキーワードで検索して、設定の参考にするのもオススメです!



「入門編」ということで、比較的簡単に利用できる機能に絞ってご紹介しました。
しかし、今回取り上げなかった画像関連の機能を使いこなすことで、表現の幅がもっと広がります。

そういった機能についての詳細は開発者のブログ、そして活用例は「H-1グランプリ」をご覧いただくとわかりやすいかと思います。

なお本日21時、H-1初代王者「フクミン1号」氏によるホームアプリ作成講座も公開いたしますので、ホーム画面のカスタマイズに興味がある方はこちらも要チェックです!





Glaeja
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Glaeja
価格 無料
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン 2.1.1
デベロッパー名 kanitawa
レビュー日 2012/03/09


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る