【ニュース】au、4月10日より「EV-DO Advanced」を導入すると発表 -混雑する場所での実効通信速度が平均で2倍向上-

 





au(KDDI)は、au携帯電話のデータ通信における無線基地局の混雑を緩和する技術「EV-DO Advanced」を4月10日より順次導入すると発表した。
本機能により、従来と比べて約1.5倍のデータトラフィックが収容可能になり、それに合わせて混雑する場所での実効通信速度も平均2倍に向上するという。




auによると今回の「EV-DO Advanced」導入は世界に先駆けてのものであり、実効通信速度の向上は、同社の無線基地局の混雑度合いやユーザーの利用状況よりシミュレーションした結果だ。

同技術は、無線基地局の混雑度合いをリアルタイムに監視、混雑している無線基地局配下のau携帯電話を混雑していない近隣の無線基地局に接続させることで、実効通信速度を向上させる技術。

つまり通信中のユーザーが意識することなく、非混雑局からの接続に切り替わるため、これまで混雑時に感じていた「通信速度の遅さ」が解消される仕組みだ。

auでは、4月10日の導入開始を皮切りに、6月末までに全国展開するとしている。

【サービス概要】
導入時期:4月10日より順次導入し、6月末までに全国に展開。

対応機種
・auケータイ:CDMA 1X WIN対応機種
・auスマートフォン:全ての機種

対応エリア:全国 ※ CDMA 1X エリアを除く

【EV-DO Advancedのイメージ】




【関連情報】
au携帯電話のデータ通信混雑を緩和する技術「EV-DO Advanced」の導入について|ニュースリリース|KDDI株式会社







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者