ぐんまのやぼう : 日本総群馬化計画!?あのグンマーが全日本に宣戦布告ッ!無料Androidアプリ

 


記録的な猛暑が毎夏報じられ、乳酸菌飲料消費量は全国1位、「未開の地」でググると検索候補に出てくる県といえば…ご存知我らが「グンマー」こと「群馬県」ですね。
これまで半ばネタ的に愛され、イジられ続けてきた群馬県が、遂に逆襲に転じたようです。
その相手はライバルの栃木や茨城ではなく、全日本、ひいては全世界!
『ぐんまのやぼう』は、群馬県民の怒りと悲しみと、ほんの少しの勇気と希望が詰まったゲームアプリ…かもしれません。



アプリの特徴
  • 群馬県を操り全国の都道府県を制圧していくゲーム
  • 3種類の資源をスワイプで収穫
  • 群馬に詳しくなれる3種類のミニゲームあり
  • 日本制圧後は世界編も
ぐんまのやぼう
価格:無料
開発:RucKyGAMES




群馬が誇る至高の作物を収穫せよ!



起動すると、我らが群馬県の白地図が表示されます。
しばらく放っておくと、「ねぎ」「こんにゃく」「きゃべつ」という、群馬を代表する資源が「生えて」きます。

「こんにゃくは芋の状態で生えてくるだろ…」とか野暮なことは言いっこなしです。




グンマー! グンマー!



ある程度生えそろったら収穫して、「G」(GOLDではなくGUNMAの意)を貯めましょう。
某なめこ栽培ゲームのように、スワイプで一気に収穫するのが快感です!

もちろん鳴き声(?)は「んふんふ~」ではなく、「グンマー」。

少しでも効率良くプレイしたいなら、30分間隔で収穫を繰り返すといいでしょう。
でもこのゲームに関してはそんなに気張らず、県庁脇の利根川の流れのようにのんびりまったり楽しむのが正解な気がします。




まずはおとなり栃木を侵略!



Gを貯めたら、さっそく隣接している他県への侵攻を開始しましょう。

他県の制圧には、実人口に応じたGを消費する必要があります。
いきなり埼玉県はちょっと分が悪いので、ここは群馬の永遠のライバル、栃木県を制圧しましょう!




制圧状況を報告しよう



「せいあつ」を押すと、見事栃木を群馬にすることに成功しました!
この調子で、どんどん他県を群馬県の領土にしていきましょう!

「しぇあ」を押すと、メールやTwitterなどの他アプリで喜びを報告することができます。




群馬が世界に誇る資源に投資せよ!



全国すべての都道府県を制圧するには、多くのGが必要です。
効率良くGを稼ぐためには、資源にGを投資してレベルアップさせましょう。

レベルの上限は制圧数によって変わるので、1県制圧ごとにこまめにレベルアップさせるとよいでしょう。




マニアックなミニゲームでGを稼ごう!



また資源の収穫を待つ間に「ひまつぶし」をタップしてみましょう。

すると制圧した県に応じて、ミニゲームがプレイできます。
栃木を制圧した時点では「ぐんまはんだん」が解禁されているはずです。







「ぐんまはんだん」は、市町村の形から名前を当てるというクイズ。
地名のバックには正解が表示されているので、群馬初心者はこれを見ながら答えていきましょう。
群馬上級者になると形を見ただけで即答できるようになるはずです。

終了すると記録に応じて、ボーナスGが貰えます。




地理の勉強に役立つ…かも



同じく青森県を制圧すると、市町村を人口順にタップしていく「ぐんまたっち」、石川県を制圧すると、地形を見て市と町と町に分けていく「ぐんましわけ」が解禁されていきます。

群馬の小学生にとっては、地理のテストの勉強をしつつ郷土愛を育むことができるので特にオススメです!




群馬の野望は遥か世界へ…



全日本群馬県化まであと少しです!

しかし全日本を制圧したからといって、群馬の戦いに終わりはありません。
全県制覇すうと、「そのた」の中に「せかい」の文字が…

続き、そして結末はせひ、ご自分の目でお確かめください!



プレイが手軽でミニゲーム付き、かつ長く楽しめるということで、すきま時間のプレイには最適のゲームです。

ちなみにこのゲーム、【47都道府県アプリ】という企画が発端となって作られた経緯があります。
今のところiPhoneの企画ではありますが、他のアプリもAndroidに移植されると良いですね!




ぐんまのやぼう
価格:無料
開発:RucKyGAMES





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名ぐんまのやぼう
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.1
提供元RucKyGAMES
レビュー日2012/05/15
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。