Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/06/16 ツール

スマホのホーム画面、カスタムしてますか?
着せ替えアプリで見た目を変えるだけでも楽しいですが、お仕着せ感は否めません。
しかし、ホーム画面の自作に必要不可欠とも言えるカスタマイズ性が高いウィジェット類は敷居が高いケースも多く、挫折しがちです。
そんなときに役立つのはテーマ選択で、自由にデザインが変えられる方式のもの。
この『One More Clock Widget Free』も、テーマ選択型の時計ウィジェット。
無料ではありますが、選べるデザインは非常に多岐に渡ります!



アプリの特徴

  • 無料で60種類以上の時計デザインを収録
  • デザインだけではなく機能性の面でもおすすめ
  • デザインのカスタマイズも可能
  • 有料版はウィジェットサイズが豊富

One More Clock Widget Free
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


まずはウィジェットをホーム画面に反映しよう

One More Clock Widget Free

ウィジェットアプリを起動するには、ホーム画面を長押しして「ホームに追加」画面を表示させ、そこから「ウィジェット」を選択します。

『One More Clock Widget Free』はウィジェットメニュー中では「OMC 4×2」ですので注意してください。

ちなみに海外アプリなので、全文英文なのですが、これから解説するポイントを押さえるだけで十二分に活用できますよ。


One More Clock Widget FreeOne More Clock Widget Free

ウィジェットメニューから起動すると「Useful Tip」画面が表示されます。

アプリ活用のアドバイスが書かれているのですが、度々表示されるので「Do not show again」にチェックを入れておきましょう。

「OK」を押すとホーム画面にウィジェットが反映されます。初期設定では、ウィジェットをタップすると設定画面が表示されます。


押さえておくべき設定のポイントを解説

One More Clock Widget Free

『One More Clock Widget Free』を利用する上で押さえておくべき設定は以下の項目です。
・Set Widget Theme…時計のデザイン変更
・Use 24 Hour Clock…24/12時間表示の選択
・Show Leading Zero…時刻の二桁表示の有無
・Assign Tap-to-Launch…タップ時の起動設定
・Weathe display settings…華氏/摂氏表示選択
・Force English Dates…テキスト表示選択

「Force English Dates」の項目にチェックを入れておくと英文表示になります。中途半端に日本語表示させるよりは英文表示限定がおすすめです。


One More Clock Widget FreeOne More Clock Widget Free

Assign Tap-to-Launch
ホーム画面上でウィジェットをタップしたときの挙動を設定できます。「Weather Forcast」に設定すると、位置情報から天気予報の表示が可能です。

Weathe display settings
「Show Celsius」に設定することで、天気予報表示機能のあるテーマの場合の気温表示が「摂氏」になります。

ここで解説していない項目は初期設定の状態で利用しても問題ありません。


無料で60種類以上のテーマが利用可能

One More Clock Widget FreeOne More Clock Widget Free

ごくごく一部ですが、『One More Clock Widget Free』に収録されている時計のテーマをピックアップしましょう。

ちなみに、初期設定段階では利用可能なテーマは少ないのですが、画面下段の「Download(7MB) Full Online Collection」から、追加することが可能です。


One More Clock Widget FreeOne More Clock Widget Free

収録されているテーマのデザインは、それこそデザイン重視が行き過ぎている物もあるのですが(笑)、配置するだけでホーム画面の印象が変わるものばかり。

純粋に時間だけを表示するものから、天気予報まで確認できるタイプも有って、選ぶにも一苦労ですね。

カスタマイズ作業で挫折経験のある方にとっては、非常に嬉しいアプリと言えます。


お気に入りのテーマが見つかったら

One More Clock Widget Free

利用したいテーマが決まったら、そのサムネイル画像をタップすることで設定画面に戻ります。

その後、スマホの「戻る」ボタンを押すことで、テーマが反映された状態のホーム画面に復帰できます。

普段使いの時計ウィジェットのデザインが決まるだけでも、カスタマイズの楽しさが味わえますね。


もちろん更なるカスタマイズも可能

One More Clock Widget Free

設定画面の「Personalize Clock」を選択すると、現段階で選択されているテーマの時計のデザインをカスタムすることができます。

パーツごとにカラー設定を変えたり、数字などのレイアウト位置も変更可能です。


有料版ですと、更に配置可能なウィジェットサイズが増えて使い勝手がアップします。
特に画面の大きいスマホではアイコン配置数が横5列の物もあり、奇数サイズのウィジェットが配置できる有料版はそれなりにポイントも高いですよ。

とりあえず、この無料版で色々と試してみて欲しいですね。





One More Clock Widget Free
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 One More Clock Widget Free
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.3.3
デベロッパー名 Xaffron Software
レビュー日 2012/06/15


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る