ToonPAINT : スマホで写真をイラスト加工!大胆に色を塗って気分はアーティスト!?Androidアプリ

 


『ToonPAINT』は自分で用意した写真をイラスト風に加工し、その画像に塗り絵をすることのできるアプリです。

加工された画像はどこかしら現代アートのような雰囲気を醸し出しています。かんたんな使い方で画像に色を付けていくことができるので、これで誰でもアーティスト気分です。写真に色を付けて、メッセージも描き入れてメールに添付してお祝いメッセージとして送る、なんていう使い方もできますよ。



アプリの特徴
  • 自由に塗り絵・お絵かきができる
  • できた画像はまるで現代アート!?
  • 自分で用意した画像を使って塗り絵することも可能
ToonPAINT
価格:¥165
開発:Toon-FX


塗り絵を始めよう





アプリを起動すると、サンプルとして外国のお姉さんの写真が表示されます。
すぐに白黒に画像加工され、塗り絵の元となる線画に変更されます。

左下のフォルダーアイコンをタップすることで、自分の画像を選択することもできます。とりあえずは、練習のつもりでこのお姉さん画像を塗ってみましょう。


元絵の調整





左から2番目のアイコンをタップすると、画像加工の調整を行えます。
Edges…線の太さを調整
Gray…灰色で塗られる部分の濃度・範囲調整
Black…黒で塗られる部分の濃度・範囲調整
Advancedをタップすると更に細かく調整できます。

色々変更してみてちょうどいいものを探りましょう。
色を塗らないで、この状態だけでも印象的な画像になりますね。


大胆に塗っていこう





中央の指のアイコンで、いよいよ色を塗っていきましょう。

色のついた7個の枠をタップすることで色の変更ができます。
選んだ色で画像に指を滑らせるとその色で描き込まれていきます。オートで塗る機能はないので、すべて自分の指で塗っていきましょう。

2つの矢印はアンドゥとリドゥなので、失敗したと思ったらこれで作業を巻き戻しましょう。


色・筆サイズの変更と拡大縮小も可能





色の四角を長押することで、別の色を選択できるようになります。それまでに塗った部分は残りますが、パレット上の色は置き換えられてしまうので、もう使わない色を長押しして新しい色を出しましょう。

虫眼鏡のアイコンで画像を拡大することができます。細かいところも、これで安心して濡れます。

右上のアイコンをタップで塗る筆のサイズを変更できます。細かい部分を塗るときや、大きく塗りつぶしたい時に変更しましょう。


塗り絵の完成





作業を繰り返して、塗り絵の完成です!…センス無い感じでスイマセン…。

根気よく細かく塗っていけば、本当の絵画のような画像ができるかもしれません。大きな筆で大胆に大雑把に色を付けていけば、それはそれで味のある画像になるでしょう。思うがままに塗ってみてください。


自分の写真からも塗り絵





端末に保存された他の画像を加工することもできますし、本アプリからカメラを起動して、その場で元絵となる写真を撮ることもできます。

いろんな画像で塗り絵してみましょう。



作成された画像はSDカードに保存されます。ブログに投稿してみたり、twitterのアイコンに設定してみても面白いですね。

アプリの性格から見ても、なるべく大きな画面で操作したいところです。操作自体は簡単なので、タブレットで起動して、お子さんに使わせてもいいかもしれませんね。




ToonPAINT
価格:¥165
開発:Toon-FX





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名ToonPAINT
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.7
提供元Toon-FX
レビュー日2012/05/31
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。