B.B.クマ![登録不要の無料弾幕シューティングゲーム] : 初心者でも安心のファンシーな弾幕ゲー!無料Androidアプリ

 


スマホのゲームの中でも人気ジャンルの1つに「弾幕シューティングゲーム」略して弾幕ゲーがあります。画面いっぱいに敵の弾幕が広がり、それを避けつつ撃破していくゲームです。
この弾幕ゲー、画面を見ただけでとても難しく見えて、自分には無理だきっとクリアできない、と諦めていた私ですが、初めて挑戦してみました。それは今回ご紹介する『B.B.クマ![登録不要の無料弾幕シューティングゲーム]』です。



アプリの特徴
  • かわいいグラフィックながらしっかりした弾幕ゲー
  • 難易度は徐々に上がっていくので初心者にも安心
  • パワーアップは課金なら早いが、無料でも十分可能

B.B.クマ![登録不要の無料弾幕シューティングゲーム]
価格:無料
開発:COLOPL, Inc.


まずはセットアップ





ゲームを始めるとセットアップ画面になります。
ここではゲームの設定や、使用する自機のパワーアップを行うことができます。


ショップで購入





ショップではパワーアップに必要なアイテムを販売しています。これらはPlayストア経由で購入する課金アイテムとなります。ただし、どれもゲームをプレイしていれば無料で手に入るものなので、無理して購入する必要はありません。手早くパワーアップしたい人は購入しましょう。

ハチミツ…ゲーム中で敵を倒すと出現。自機のパワーアップに必要
コイン…1ステージでの残機数は5機まで。時間とともに回復するが、コインを払えばすぐに復活可能。ステージクリアでも入手できる
BOMB…画面上の敵や弾幕を一掃できるボム。1日1回の起動時に入手可能


ハチミツを集めて自機をパワーアップ





ハチミツを使って自機をパワーアップすることができます。発射する弾を強力にしたり、機体自体を乗り換えることもできます。

シューティングゲームはこうして自機が強くなっていくと面白くなってきますね。


チュートリアルで初心者も安心





1面の最初にチュートリアルが入りますので、初心者でも安心です。
画面をタッチすると弾を発射し、スライドさせると自機を動かすことができます。自機を動かしている間は発射し続けるので、ほぼ移動のことだけを考えればいいという簡単操作です。

チュートリアルにある通り、自機の少し下をタッチして動かすと、自機の周りを見ながら操作できるのでやりやすいです。


ステージは120以上!だんだん難しくなるぞ!





ステージは全部で120以上あります。最初のうちは簡単なので弾幕ゲー初心者でも安心して慣れていくことができます。簡単と言っても、ステージ10に行くまでにちゃんと弾幕ゲーっぽさを味わうことができます。

弾幕が避け切れない!と思ったら画面左下のBOMBをタップしましょう。敵も弾幕も一掃してくれます。爽快ですね。


ボス戦も熱い!





BGMが変わってくると、いよいよボスの登場です。
ボスも様々なタイプの弾幕を発射してきます。画面上部にはボスのライフが表示されるので、ガンガン撃って減らして行きましょう。

ちなみに、敵自体には当たり判定が無いので、ボスの上に居座ることもできてしまいます。ボスはかなりの巨体なものもいますが、移動範囲が狭いわけではないので、画面全体を使って弾幕を避けましょう。


短い時間でもプレイ可能





ボスを倒せばステージクリアです。
1つのステージは短めで、3分ほどでクリアできます。ちょっとした時間でも楽しむことができますね。

ステージをクリアせずにゲームオーバーになってしまった場合でも、集めたハチミツはそのまま手に入ります。それを使って自機をパワーアップして、再びステージクリアに挑みましょう。



弾幕ゲー初心者の私でも、とりあえずステージ10まではわりと簡単にたどり着く事ができました。ステージ数はまだまだ残っているので、これから難易度もどんどん上がっていく事でしょう。

1つのステージも短く、難易度も初心者に優しい設定なので、これまで弾幕ゲーをやったことのない人にも、ぜひ試してみて欲しいゲームです。これをきっかけに他の弾幕ゲーに挑戦するのもいいですね。





B.B.クマ![登録不要の無料弾幕シューティングゲーム]
価格:無料
開発:COLOPL, Inc.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名B.B.クマ![登録不要の無料弾幕シューティングゲーム]
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.3.0
提供元COLOPL, Inc.
レビュー日2012/07/16
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。