Android(>アンドロイド)ニュース

2012/07/24 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】日本通信、通信速度を高速と低速で使い分けられる新サービス「Turbo Charge」を8月下旬よりスタート

日本通信株式会社は、低価格の定額料金の良さと高速通信の良さを使いわけできる新サービス、「Turbo Charge」(ターボチャージ)を、8月下旬より提供開始することを発表した。
「Turbo Charge」は、同社の「b-mobileSIM U300」の利用者が、100MBを525円で購入することで、高速通信を使いたい「時にだけ」利用できるサービスだ。





必要なときにだけ高速通信が使える!

具体的には、専用のスマートフォン用アプリケーション「Turbo Charge」で100MBを購入し、TurboスイッチをONにした時には高速通信が利用できる(OFFにすると低速通信に戻る)。

ちなみに、100MBの通信料金は525円。
PC等で利用するユーザーは、同社のWebサイト「My b-mobile Page」(無償)でIDを取得して、クレジットカードを登録することで、100MBを購入して利用する。
利用に当たっては「b-mobileSIM U300」の利用者であることが前提だ。

【b-mobileSIM U300パッケージ写真】
【ニュース】日本通信、通信速度を高速と低速で使い分けられる新サービス「Turbo Charge」を8月下旬よりスタート
「b-mobileSIM U300」は、NTTドコモのFOMA網を利用し、通信速度を300kbpsに設定することで、月額換算2,500円程度で利用できることから、スマートフォン利用者を中心に、利用者層が拡大している通信専用のSIMカード。

日本通信では、今後とも利用者のニーズに即したSIMサービスを企画・開発・提供していきたいとしている。



【関連情報】
日本通信、高速と低速を使いわけできる新サービスを発表|ニュースリリース|日本通信株式会社







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る