Floating Notes FREE : 自由な位置にいつでもメモウィンドウを最前面で表示!無料Androidアプリ

 


Androidのアプリの中でも非常に多くリリースされているものの1つにメモアプリがあります。
人によって重視する点も違うので、どれが最高とは言えない状態ですが、自分に合ったものを探すために色々試してみるのも楽しいですよね。

今回ご紹介する『Floating Notes FREE』はオーバーレイ表示でいつでも画面上に表示することができ、自由な移動はもちろん、最小化や通知領域への収納もできるメモアプリです。



アプリの特徴
  • オーバーレイで常時表示できるメモアプリ
  • 表示位置やサイズを自由に変更可能
  • 最小化してバーだけや通知領域に収納できる
Floating Notes FREE
価格:無料
開発:CaDr Software


最初はアプリ画面からメモを作成





最初の起動は通常のアプリと同様に、アプリ一覧から行います。

ここでは本アプリで作成したファイルの一覧が表示されています。表示したいメモのファイル名をタップするか、「new」のボタンをでメモを新規作成すると、画面上にメモウィンドウが開きます。


位置もサイズも自由に変更可能





表示されたメモウィンドウは、タイトルバー部分をドラッグすることで、自由に移動することができます。
また、右下の三角部分をドラッグすることでウィンドウのサイズを変更することができます。

メモ内容を入力するときは中央の「Click here」部分をタップすればキーボードが出ますので、そこから入力します。


いつでも画面の最前面に表示





表示されたメモは常に画面の上に表示されるようになります。なので、他のアプリを起動している時でもすぐにメモをすることができます。

ブラウザでウェブサイトを見ながら、その内容をメモに取る、ということも簡単です。


邪魔なときは最小化して収納





いつもウィンドウが出ていると、それはそれで邪魔です。
タイトルバー部分の「-」をタップすると、メモは通知領域内に収納されます。再び表示したい時は通知領域から呼出します。

「↑」をタップするとタイトルバーだけの表示になります。この状態でも移動できるので、画面隅に退避させておいてもいいでしょう。


有料版なら複数ウィンドウも可





左上の「+」をタップするとメニューが出てきます。
メモはtxt形式で保存されますので、他のテキスト系アプリやPCなどでも表示や編集することができます。

有料版の『Floating Notes』になると、「News Note」をタップして複数のウィンドウを同時に表示することもできます。

「Quit Note」でメモを非表示にすることができますが、右上の×でも同様に非表示にすることができます。


すばやく別ファイルを呼び出せる





メモ右側の矢印をタップすると、保存されたメモファイルの一覧が表示されます。
このうちの1つをタップすることで、メモの内容がそのファイル内容に置き換わります。ウィンドウを1つ出しておけば、どのメモにも素早く切り替えることができますね。



有料版の『Floating Notes』になると、メモの背景を透過できたり、ウィジェットを使用することができるようになります。

メモアプリとしては、使う人や場面を選ぶ、万人向けではないアプリだと思います。とはいえ、ぜひ一度は試してみて欲しいアプリでもあります。
自分に合ったメモアプリを探し続けている方はぜひお試しください。




Floating Notes FREE
価格:無料
開発:CaDr Software





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Floating Notes FREE
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.2
提供元CaDr Software
レビュー日2012/08/15
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。