【NEWリリース】ジー・モード、300万人が遊んだ『空気読み。』の続編『空気読み。2』をリリース

 

株式会社ジー・モードは1日、300万人が遊んだ究極の空気診断ゲーム『空気読み。2』をGoogle Playストアなどで配信を開始した。
同作品は累計300万ダウンロードを記録した人気エンタメアプリ『空気読み。』の続編で、次々に出題される様々なシチュエーションに対し、画面内の“赤いもの”を操作しながら瞬時に空気を読んだ行動をとることで、“空気読めてる度”を診断できるアプリ。

対応機種はAndroid 2.1以上の端末で価格は99円。Google Playストアよりダウンロードできる。

大ボリュームの100問を収録

今回の『空気読み。2』では全100問の問題を収録している。
また新規問題を新たに追加!通常のモードをクリアすると、あえて空気を読まないように行動する「読まないモード」や、3種のミニゲームが遊べる「エクストラモード」など、新しいモードが追加される。

それぞれのモードで特殊な行動をとった際に解除される「シークレット」も用意されており、繰り返し何度でも楽しむことができる。
また、Twitterにて診断結果をツイートする機能も搭載し、“空気読めてる度”をツイートすることも可能。

【関連画像】

【関連情報】
300万人が遊んだ“空気読めてる度”診断アプリ「空気読み。」シリーズ 待望の続編「空気読み。2」スマートフォン向けに配信開始!|株式会社ジー・モードのプレスリリース







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者