MX 動画プレーヤー : あらゆる形式に対応&快適ジェスチャー操作!人気No.1の動画プレイヤー!無料Androidアプリ

 
ikarus


最近のスマホは液晶の大画面・高精細化や、高音質化、CPU性能の向上などにより、マルチメディアマシンとしてのポテンシャルはかなり強化されています。
にも関わらず、標準搭載の動画再生アプリは対応形式が少なかったり、使い勝手的にイマイチだったりして、せっかくの性能が生かしきれません。
今回ご紹介する『MX 動画プレーヤー』は、多彩な動画形式に対応し、さらに操作性にも優れた動画プレイヤーです。
スマホで動画を再生するなら、ほぼ必須と言える1本です!

photo credit: Kevitivity via photopin cc

アプリの特徴
  • あらゆるフォーマットに対応した動画プレイヤー
  • スワイプはピンチによる直感的操作
  • H/W・S/Wデコードやマルチコアデコードに対応
MX 動画プレーヤー
価格:無料
開発:J2 Interactive


スマホ内のあらゆる動画を再生!



起動すると、自動でSDカード内の動画をリストアップしてくれます。
サムネイルで中身が確認できるのも◎ですね。

なお対応動画形式は以下のとおり。スマホはもちろん、パソコンでよく使われる形式もバッチリサポートしています。
.3gp .avi .divx .f4v .flv .mkv .mp4 .mpeg .mov .vob .wmv .webm .xvid

HD動画がスマホでもヌルサク!



再生を開始すると、自動的にサイズを調整して全画面で動画を楽しむことができます。

スマホの性能にも依りますが、フルHDの高画質動画でも美しくスムーズに再生できました!



画面タップでコントロールボタンが表示されますが、スワイプでも各種操作が可能です。
・左右スワイプ…巻き戻し
・画面右側を上下スワイプ…音量調節
・画面左側を上下スワイプ…画面輝度調整
・ピンチ操作…ズームイン・ズームアウト

誤操作を防ぐ「ロックボタン」もスマホでは嬉しい配慮ですね。

スマホで嬉しい機能も充実!



途中で再生を中断した動画を再度開こうとすると、続きからの再生を選べます。

またバックグラウンド再生にも対応しており、「洋画を流してヒアリング力を鍛えつつネット閲覧」なんてことも可能です。

環境に合わせてチューニング!



動画が再生できない、カクつくといった場合は、デコーダーの設定を変えることで改善する場合があります。
・H/Wデコーダー…一般的に再生処理が軽く、再生品質も高くなる場合が多い
・S/Wデコーダー…H/Wで非対応の形式でも再生できることがあるが、処理は重め

CPUのコア数制限や色深度、インターレース解除といった高度な設定も可能です。

とりあえず動画が見れればいいという人から、スマホをマルチメディア機としてフル活用したい人まで、あらゆるユーザーにオススメの動画プレイヤーです!




MX 動画プレーヤー
価格:無料
開発:J2 Interactive





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名MX 動画プレーヤー
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.7.4
提供元J2 Interactive
レビュー日2012/10/02
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。