Beat the Music : 音ゲーファン必見!耳と指を刺激されまくりで中毒者への道まっしぐら!Androidアプリ

 




洋の東西を問わず「音ゲー」は数あれど、これほどまでにスマホにフィットした音ゲーはないのでは?と思わせるのが、この『Beat the Music』。
これまでにないルールが音ゲーマニアはもちろんのこと、これからちょっとカジってみようかな?というビギナーにも好適な本アプリ。
テクニック関係なしのハマり度で、アナタの音感を刺激しまくってくれます!

アプリの特徴
  • 落下型ノートではなく、6方向に広がるノート
  • 美しいグラフィックと高音質サウンド
  • シンクの調整やノートの変更も可能
  • 4段階の難易度で初心者から上級者までも楽しめる
Beat the Music
価格:¥105
開発:KT olleh


グッドグラフィック&ミュージック!



遊び方、操作方法は「HELP」から確認できますので、何はともあれ、まず最初にここをチェックしましょう。

最初はEASYからが無難



ゲームの難易度は、とりあえず「EASY」から「HARD」までの3段階。収録曲はいずれも同じですが、出てくる音(ノート)が全然別物。よって、同じ曲でもレベルによって全然別物といった印象になります。

「EXTREME」は初期段階ではロックされています。こちらは「HARD」をクリアしないとアンロックされない仕組み。
かなりの手応えなので、心してかかって下さい。

スマホの持ち方がキモ



ノートが左右から出てくるので、スマホの持ち方が結構重要になるかと思います。
最初は両手でスマホを持ち、親指で操作していましたが、これだとたくさんのノートが一瞬で出てきた時に結構大変。
私の場合、スタンドなど安定する場所に置いて人差し指でプレイした方が高得点を出しやすかったです。



連続ノート(白い輪っかのかたまり)は、その間スマホをタップし続けるというもの。こちらのおかげでコンボが決まりやすいのが最高です!

見た目を変えて再挑戦



メニュー「OPTION」にある「NOTE」でノートや背景を変えることができます。
これでかなり見た目が変わるので、一度プレイした曲でも新鮮な気持ちで再チャレンジできます。

収録曲の多さと多様なモードで、飽きることなく楽しむことができます。
やはりある程度の音量でプレイした方が楽しいので、できるだけ周りに迷惑がかからない場所で遊ぶようにしましょう。




Beat the Music
価格:¥105
開発:KT olleh





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Beat the Music
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.1
提供元KT olleh
レビュー日2012/10/08
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者