Echofon for Twitter (Beta) : プッシュ通知やウィジェットが便利!老舗クライアントのAndroid版!無料Androidアプリ

 

10月に「今後はモバイル版に注力する」としてPC版の開発が終了した「Echofon」のAndroid版、『Echofon for Twitter (Beta)』がついに登場しました。
デスクトップ版や他のデバイス間での未読位置の同期など、多くの人から期待されていたアプリの登場ですね。

アプリの特徴
  • 老舗twitterクライアントの待望のAndroid版
  • 異なるデバイス間で未読位置の同期が(将来的に?)可能
  • プッシュ通知やウィジェットが便利
Echofon for Twitter (Beta)
価格:無料
開発:UberMedia Inc.


Holoテーマのデザイン

アプリの全体的なデザインはHoloテーマで統一されています。他のアプリとの共通性があって見やすく使いやすいですね。

画面下部にはホームやメンションと言ったボタンが表示され、タップでそれぞれのタブに移動します。タブ移動は横スワイプでも可能です。
マルチアカウントにも対応していて、左上のEchofonアイコンをタップするとアカウント選択が表示されます。

明るいテーマやフォントサイズの調整

メニューボタンの設定からはテーマの変更ができます。デフォルトでは黒背景の「Dark」ですが、「Bright」を選ぶと白背景の明るい画面になります。
また、フォントサイズも変更できるので、画面の大きさに応じて調整するといいでしょう。

ツイートタップでメニュー

1つのツイートを長押しすると、ツイートに対するメニューが出ます。「Retweet with comment」というのはいわゆる非公式RTのことです。

長押しでなく、1回タップすると詳細表示となり、画像も大きく表示されます。ここからリプライなどもできます。

通知周りが便利

リプライやDMの通知はプッシュ通知となっており、即座に通知領域に表示されます。通知されるものの種類は設定から変更可能です。

Android4.1からは、通知領域からそのままリプライすることもできるようになります。これは便利ですね。

ウィジェットが使いやすい

ウィジェットも複数サイズで用意されています。
未読数なども表示され、ここからすぐにツイートしたりリツイートすることができます。
Android2.3以下だと、ウィジェットはスクロールではなく、ボタンによるページ送りになります。

さすが老舗のTwitterクライアントだけあって、基本のポイントは抑えてあります。
ただAndroidのTwitterクライアントとして後発のリリースにしては、まだまだ期待に追いついていない印象があります。
機能のほとんどは最近のTwitterアプリでは当然のようにあるものばかりですし、特徴的機能である「異なるデバイス間での未読位置の同期」が、現状だとどうもうまく動いていないようです。

アカウント切り替えの方法や各設定へのアクセス、ツイートボタンの位置など、改善して欲しいポイントはいくつもありますが、まだベータ版ですので、これからに期待したいところです。




Echofon for Twitter (Beta)
価格:無料
開発:UberMedia Inc.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Echofon for Twitter (Beta)
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン2.0.0.3
提供元UberMedia Inc.
レビュー日2012/11/20
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。