Android(>アンドロイド)ニュース

2012/11/22 Android(アンドロイド)ニュース

【最新アップデート】キングソフト、オフィスアプリの最新版『KINGSOFT Office for Android 5.1.1』をリリース

株式会社キングソフトは22日、Android向けオフィスアプリ『KINGSOFT Office for Android』の最新版をリリースした。

最新版ではクラウドサービスとの連携強化やAndroid 4.1への対応などが図られている。
価格は2,980円で、インストール後30日間は無料で試用できる。

対応機種はAndroid 2.1以上の端末で、Google Playストアよりダウンロードできる。



オフィススイートの最新版

『KINGSOFT Office for Android』は、表計算(Spreadsheets)やワード(Writer)、プレゼンテーション(Presentation)機能を搭載したオフィススイートアプリ。
同社のオンラインストレージサービス「KDrive」のほか、「Google Drive」や「Dropbox」とも連携し、自動で更新内容を同期することができる。

また、同じWi-Fiネットワークに接続されたスマートフォンやタブレット端末で同時にスライドショーを表示することができる「再生共有」機能も追加されている。

【新バージョンの主な特徴】

  • 自動更新適用でクラウドストレージサービスがより便利に
  • 勤怠管理や見積もり作成に便利な「ステッパー」「スライダ」入力!
  • もしもの時にも安心な「自動バックアップ機能」
  • 使用可能な関数が全部で195種類に大幅増
  • ビジネスシーンで活用できる「再生共有」

 
【利用イメージ】

【最新アップデート】キングソフト、オフィスアプリの最新版『KINGSOFT Office for Android 5.1.1』をリリース 【最新アップデート】キングソフト、オフィスアプリの最新版『KINGSOFT Office for Android 5.1.1』をリリース 【最新アップデート】キングソフト、オフィスアプリの最新版『KINGSOFT Office for Android 5.1.1』をリリース

【関連情報】
キングソフト、Android版オフィスソフトの最新版「KINGSOFT Office for Android 5.1.1」公開 「ステッパー/スライダ」入力で業務効率アップ!「再生共有」機能で複数端末に同時スライドショー表示!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る