【ニュース】MCF、アプリ開発・企画コンテスト「東京国際スマートフォン アプリアワード」開催を発表

 

一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は29日、スマートフォン向けアプリの開発・企画コンテスト「2013東京国際スマートフォン アプリアワード」の開催を発表した。
募集期間は2013年2月1日から28日、表彰式は4月17日を予定している。
第2回となる今回は、テーマに沿ったアプリを開発する「一般部門」のほか、アプリの企画書を作成する「学生部門」が新設された。
一般部門の最優秀アプリにはトロフィーと賞金100万円が授与される。

応募テーマ

・主催者部門応募テーマ

  1. オリジナルLifeTimeアプリの制作
  2. 「昔懐かしいレトロゲーム」のアプリの開発
  3. 2013TSPAAキャラクター「ジ アプリエイプ(THE APP APE)」を使ったゲームアプリ
  4. ・企業部門応募テーマ

  5. 旅をテーマにお子様や親子で遊べて楽しめるアプリ(ANA)
  6. WWFが推奨するエコラベルのついた商品を知らせるアプリ(WWF)
  7. おかしを楽しく食べるアプリ(明治)

応募概要

一般部門
・応募制限なし
・Webアプリ(HTML5)、Android、Windows 8のアプリを作成して提出。

学生部門
・応募時点で小学生から大学院生まで。(18歳未満の応募者は親権者の許可が必要)
・応募フォームの各項目を記入して提出。

オフィシャルアンバサダー


(左から宮司愛海さん、和田早矢さん、本田玲奈さん)

3人のアプリ好きな女子大生ボランティアが「オフィシャルアンバサダー」として、イベントのPRや司会・運営を行なう。

同時開催キャンペーン「あったらいいなぁ~こんなアプリ」

@2013tspaaをフォローし、欲しいと思うアプリのアイデアをハッシュタグ付きで投稿すると、抽選で10名様にAmazon®ギフト券5,000円分がプレゼントされる。
開催期間は2012年12月13日から2013年1月31日まで。

【関連情報】
2013東京国際スマートフォン アプリアワード公式サイト | TSPAA
東京国際スマートフォン アプリアワード実行委員会|Facebook







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。