Android(>アンドロイド)ニュース

2012/12/17 Android(アンドロイド)ニュース

ソフトバンクモバイルが来年3月に発売予定の「AQUOS PHONE Xx 203SH」に、新世代ディスプレイ「IGZO」液晶を搭載することを発表した。
またBookLiveが、WiMAX内蔵の電子書籍リーダー端末「Lideo」を発売した。



新商品

(1) ソフトバンク向けAQUOS PHONE Xx 203SHがIGZO搭載へ仕様変更

ソフトバンクモバイルは2013年3月上旬以降に発売する予定のシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」の仕様を今秋発表時のものから変更すると発表した。当初は「S-CGSilicon液晶」を採用する予定だった203SHだが、消費電力を大幅に低減できる新世代ディスプレイ「IGZO」液晶を搭載することになる。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月8日 ~ 2012年12月14日

IGZO液晶は消費電力を従来品と比べて大幅に低減できるほか、明るく、美しい表示能力を持つ。スマートフォン、タブレット製品では、au向け「AQUOS PAD SHT21」、NTTドコモ向け「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」に採用されている。

ディスプレイ以外の仕様変更は特にないが連続待受時間や連続駆動時間は変わるものとみられる。

(2) 電子書籍ストア「BookLive!」がリーダー端末「Lideo」を発売。プリペイドカードの販売や登録台数上限の引き上げも実施

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月8日 ~ 2012年12月14日
Lideo

電子書籍ストア「BookLive!」を運営するBookLiveは、電子書籍リーダー端末「Lideo」を12月10日に発売した。Lideoは電子ペーパー・ディスプレイを搭載し、WiMAXを内蔵した端末で電子書籍を読むことに特化したデバイス。WiMAXでの通信費用はBookLiveが負担するため、ユーザーは通信費を気にせずBookLive!にアクセスし、電子書籍コンテンツを購入することができる。

同社はLideoの発売にあわせ、BookLive!で利用できる端末の登録台数の上限引き上げも実施した。従来は3台までの端末で電子書籍コンテンツを利用できていたが、5台まで拡大された。これにより、既にスマートフォン、タブレット、PCなどを3台登録していたユーザーでも、新たにLideoなどの端末をさらに2台追加することができる。

また、クレジットカードを持たない方、使いたくない方のために有料コンテンツの購入の際に使うことのできる「BookLive!プリペイドカード」の販売が始まった。プリペイドカードを使えば、クレジットカードがなくても有料の電子書籍を購入することができる。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月8日 ~ 2012年12月14日

プリペイドカードの額面は1000ポイント、3000ポイント、5000ポイントの3種類。

アプリ

(1) Twitterの公式アプリに写真編集機能が追加

Twitterの公式アプリに新機能が追加された。Google Playストア、App Storeからアップデートすれば利用できるようになる。この新機能は写真・画像の加工・編集機能で、Twitterへ画像を投稿する際にカンタンな編集が手軽にできるようになった。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月8日 ~ 2012年12月14日

利用できる機能はモノクロ、レトロ風など8種類のフィルター、トリミング・ズーム、バランス調整だ。バランス調整では光や色のバランスを自動調整できる。この編集機能はTwitter公式アプリで写真を撮ってそのまま投稿するときにも、既に撮った写真をギャラリーから選ぶときにも利用できる。

サービス

(1) ドコモがゲームマーケット「dゲーム」の提供を開始

NTTドコモ(以下、ドコモ)は13日午前10時より「dマーケット」に新たなマーケット「dゲーム」を追加した。dゲームはドコモ以外の通信事業者のユーザーも利用できるオープンなサービスで、ソーシャルゲームを中心に有力ゲームメーカー製のゲームが提供されるマーケット。

フィーチャーフォン、Androidスマートフォン・タブレット、iPhone/iPadなどで利用することができる。ただし、ドコモ以外のユーザーの場合は、「dマーケット」で「docomo ID」を取得する必要がある。

各ゲームの料金体系は基本料や登録料は無料で、ゲーム内の一部コンテンツを有料で販売するスタイル。一般的なソーシャルゲームと同様だ。有料コンテンツの購入・支払いには「dコイン」を利用できるほか、ドコモポイントも使える。「dコイン」は「ドコモ ケータイ払い」でのチャージもできる。

あとがき

Twitterの公式アプリに画像編集機能が追加されました。Twitterのクライアントアプリには数多くの有力アプリがあるので、人それぞれ使っているものが違うとは思いますが、写真を投稿する機会が多い方には便利だと思います。特にバランス調整とトリミングが手軽にできるのはありがたいです。フィルターも面白いので、サードパーティ製のTwitterクライアントアプリを愛用している方も一度公式アプリを使ってみても良いと思います。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る