Android(>アンドロイド)ニュース

2012/12/19 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】Instagram、新しい利用規約に対するユーザーからの抗議を受け見直しを約束

米Instagramは17日、同社の写真共有サービス「Instagram」の新しい利用規約を2013年1月16日より施行と発表した。
新しい利用規約では「ユーザーが投稿された画像を広告に流用する」と受け止められるから、多くのユーザーが抗議&退会するなどと事態に発展している。

これを受けて同社は公式ブログ上で釈明し、近日中に見直しすることを発表した。



投稿写真の広告流用や売買は無し

新しい利用規約では「ユーザーは、われわれ(関連会社を含むInstagram)がユーザーに対価を支払うことなく、プロモーションや広告コンテンツにユーザーの名前、リンク、いいね!、メタデータ付きの写真を表示するために企業(a business)から使用料を受け取ることに同意する」という条項が追加された。
これを「Instagramがユーザーに無断でストックフォト企業に写真を販売する」と解釈することもでき、ユーザーの間で混乱が広がった。

これについてユーザーの写真を勝手に企業に販売することはないとし、投稿画像の所有権もユーザーにあると説明した。
実際には企業がその企業について「いいね!」しているフォロワーの名前や写真を各ユーザーの画面に表示するために使用料を受け取るというもの。(Facebookでいう◯◯さんが△△にいいね!と言っていますの表示)

新しい利用規約は誤解を招く文言を削除した上で、2013年1月16日に施行される予定。

【関連情報】
Privacy and Terms of Service Changes on Instagram – Instagram Blog
Thank you, and we’re listening – Instagram Blog

【参考・引用】
Instagram、プライバシーポリシーと利用規約改定へ Facebookとのユーザーデータ共有を明記 – ITmedia ニュース
Instagram、利用規約改定について説明「あなたの写真を売ることはありません」 – ITmedia エンタープライズ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る