Android(>アンドロイド)ニュース

2013/02/1 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】パケットビデオ、DLNAアプリ『Twonky Beam』をアップデート 録画番組のコピー・ムーブに対応

パケットビデオは31日、Android向けDLNAアプリ『Twonky Beam』の最新版の提供を開始した。

最新バージョンでは、ブルーレイ・レコーダ機器、またはメディア・サーバに保存されているコピー・ムーブが許諾されている録画番組をダウンロードすることが可能なった。
上記の機能はAndroid 4.0以上の端末で利用でき、DTCP-IP機能を有効にするためのプレミアム・パッケージが必要となる。

同アプリはGoogle Playストアより無料でダウンロードできる。



BD・HDDレコーダーと連携可能に

【ニュース】パケットビデオ、DLNAアプリ『Twonky Beam』をアップデート 録画番組のコピー・ムーブに対応

『Twonky Beam』はNASやネットワークレコーダー上のメディアをスマホで再生することのできるDLNAアプリ。
nasneなどのDTCP-IPに対応した機器と合わせて利用することで、地デジ番組をAndroid 4.0以上のスマホやタブレットで楽しむことができる。

今回のアップデートにより、著作権保護された録画番組でもダビング10などに対応するメディアはダウンロードすることができるようになった。

DTCP-IPの著作権管理機能を利用するには、アプリ内課金によるプレミアム機能の購入が必要になる。
ただし『Twonky Beam 3.3.5』以前のバージョンにてDTCP-IP機能を利用していた場合は、引き続き無料で利用できる。
またドコモユーザーは、2013年1月31日から2014年3月31日までの期間は無料でプレミアム機能が利用できる。

【ムーブ機能 動作確認済み機器】
BD-W520、BD-W1200(SHARP社製)
※最新の対応状況に関してはこちらを参照のこと

【利用イメージ動画】
Twonky Beam – Japanese Version|YouTube

【関連情報】
Twonky Beamアプリのご紹介 | サービス・機能 | NTTドコモ
パケットビデオの最新『Twonky™』ソフトウェアが NTTドコモの2013年春モデルのAndroid™端末に採用|PacketVideo







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る