【NEWリリース】スパイク・チュンソフト、実写サウンドノベル『428-封鎖された渋谷で-』をPlayストアにて販売開始

 

スパイク・チュンソフトは1日、サウンドノベル『428-封鎖された渋谷で-』のAndroid版をGoogle Playストアにて販売を開始した。
2008年にWiiで発売されて以来、PS3、PSP、iOSなどにも移植されている人気作で、2月には先行してauスマートパス版も配信されている。
定価は1800円だが、リリースを記念して3月8日13時までは半額の900円で購入できる。

独自システムの実写サウンドノベル

『428~封鎖された渋谷で~』は渋谷で起きた誘拐事件を軸とした実写サウンドノベル。
5人の主人公による5つの物語を並行して進めていくという、いわゆる「ザッピング」システムを取っており、一人の主人公の選択が他の主人公を窮地に陥れたり、全員の運命を大きく変えることもある。

なお、1.5GBのデータダウンロードが必要なため、Wi-Fi環境が推奨されている。
SDカードの容量も事前に確保しておく必要がある。

iPhone・iPad版「428 〜封鎖された渋谷で〜」|YouTube







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。