Android(>アンドロイド)ニュース

2013/03/6 Android(アンドロイド)ニュース

【最新アップデート】Google、Android向け『Chrome Beta』にプロキシサーバーを利用して高速化するSPDYを導入

米Googleは5日(現地時間)、Android向けブラウザアプリ『Chrome Beta』の最新版を提供開始した。

今回のアップデートでは、画像データなどをプロキシサーバー上で圧縮してWebページの表示を高速化する機能「SPDY」が追加された。
同機能を利用するには、専用の設定画面を開き有効にする必要がある。

対応機種はAndroid 4.0以上の端末で、Playストアより無料でダウンロード、使用できる。



セキュアな通信には適用されない

今回のアップデートで追加された「SPDY」は2009年にGoogleが発表した高速化技術で、パソコン向けのChromeやFirefoxで採用されている。
サイトコンテンツをダウンロードする際に、Googleの圧縮サーバーを利用することでダウンロードデータ量を削減し、表示を高速化する。

なお、HTTPS通信やシークレット(プライベート)モード利用時など、セキュアな通信には適用されないようになっている。

そのほか、デスクトップ版Chrome Betaとパスワード自動入力データの同期が行えるようになるとのこと。

【SPDYの利用方法】

  • 1. Chrome Betaアプリでchrome://flagsにアクセス
  • 2. Enable Data Compression Proxyを有効にする

 
【利用イメージ】

【最新アップデート】Google、Android向け『Chrome Beta』にプロキシサーバーを利用して高速化するSPDYを導入

【関連情報】
Chromium Blog: Data Compression in Chrome Beta for Android
Android向けChromeのβ版、SPDYサポートで高速化 – ITmedia エンタープライズ







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る