【ニュース】Google、RSSリーダー「Google リーダー」の提供を7月1日で終了へ 利用者はデータのダウンロードを

 

Googleは13日、RSSリーダー「Google リーダー」のサービス提供を2013年7月1日で終了することを発表した。
これはGoogleのサービス整理によるもので、他にも多くのサービスや開発者向けAPIが終了する。
「Google リーダー」終了の理由としては「利用者の減少」「より少ないサービスに注力するため」としている。

なおGoogleでは猶予期間までにデータのダウンロードを推奨している。

猶予期間中にデータのダウンロードを

データのダウンロード方法は以下のページに記載されている。
Google リーダーのデータをダウンロードする方法|Google リーダー ヘルプ

ページ中のリンクをクリックすると、データエクスポートページヘ移動する。
「アーカイブを作成」で、登録フィードのXMLファイルと、フォローやスター状況のJSONファイルが作成される。

エクスポートされたデータは、ZIPファイルとしてまとめてダウンロードできる。
別のRSSリーダーにフィード情報を引き継ぎたい場合は、乗り換え先のインポートメニューで「subscriptions.xml」のファイルを指定すればよい。

【関連情報】
Powering Down Google Reader|Google リーダー公式ブログ(英文)
A second spring of cleaning|Google公式ブログ(英文)







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。