Android(>アンドロイド)ニュース

2013/04/26 Android(アンドロイド)ニュース

【NEWリリース】セガ、Android向けガンシューティングゲーム『House of the Dead Overkill: LR』をリリース

株式会社セガネットワークスは25日、Android向け新作ゲームアプリ『House of the Dead Overkill: LR』の提供を開始した。

加速度センサーや仮想パッドを利用したスマートフォンに最適化されたガンシューティングゲーム。
オリジナリティ豊かな3つのステージをプレイでき、武器のアップグレードなども行える。

対応機種はAndroid 2.3.3以上で価格は450円。Google Playストアより購入できる。



名作をスマホでも

『The House of the Dead Overkill The Lost Reels』は、1996年にアーケード用タイトルとしてリリースされた『The House of The Dead』シリーズ第1作目の8年前の世界を描いたWii用ゲーム『The House of the Dead Overkill 』を、スマートフォン向けに最適化したアプリ。
操作方法は加速度センサーと仮想パッドの他に、直接ミュータントをタップして攻撃できるフレンジータップ(アンロック可)が用意されている。

ストーリーモードとサバイバルモードの2つのモードがあり、ストーリーモードでは今作の事件の元凶であるパパ・シーザーの館を舞台とした『パパズ・パレス・オブ・ペイン』、バイユーシティに建つバイユー郡総合病院を舞台とした『バリスティック・トラウマ』、ストリップ劇場を舞台とした『ネイキッド・テラー』の3種のステージを収録している。

ミュータントを倒すことにより得られるキャッシュで、新しい武器を購入したり、武器をアップグレードしたりすることも可能。
また、コンボ延長や、リロードブーストなど、その他のゲーム内アップグレードで武器の殺傷力を強化することができる。

【ストーリー】
忌まわしい「キュリアン邸事件」からさかのぼること8年。1990年…アメリカ南部の街バイユーシティ。この街で、奇妙な事件が発生する。調査から、農場主であるパパ・シーザーが事件の黒幕であるとの情報が浮上。
この情報を受け、AMSエージェントGと地元警察の刑事であるワシントンが、事件解決のために事件発祥の町に潜入する。

 
【利用イメージ】

【NEWリリース】セガ、Android向けガンシューティングゲーム『House of the Dead Overkill: LR』をリリース

【NEWリリース】セガ、Android向けガンシューティングゲーム『House of the Dead Overkill: LR』をリリース







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る