Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2013/06/25 Android(アンドロイド)ニュース

eight

Sansan株式会社は24日、名刺管理アプリ『Eight』のスマホ版とWEB版の新バージョンの提供開始したと発表した。

新バージョンのコンセプトは”名刺を「ためる」アプリから名刺を「使う」アプリへ”で、デザインの刷新や機能拡充が図られている。
名刺の全項目をデータ化できるようになったほか、 オフライン環境化での利用にも対応した。

対応機種はAndroid 2.3以上の端末で、Google Playストアより無料でダウンロード、使用できる。



オペレーターが人力で名刺をデータ化

『Eight』はSansan株式会社する名刺管理アプリで、スマートフォンのカメラで読み取った名刺の内容をデータ化できるサービス。
オペレーターによる正確な手入力が特徴で、2012年2月のリリース後500万枚以上の名刺が本アプリでデータ化されている。

これまでデータ化できるのは会社名、名前、電話番号、メールアドレスの4項目に限られていたが、今回の新バージョンで名刺の住所や携帯番号などもデータ化できるようになった。
そのほか、各名刺にキーワードを追加したり好みの画像をカバー写真として設定することもできる。

アプリのUIも一新しており、使い勝手の良いシンプルなデザインに仕上げっている。

【主な特徴】

  • 名刺の全項目をデータ化
  • オフラインでも使える
  • 名刺に業種、業態の情報をプラス
  • お好みの画像をカバー写真として設定
  • インデックス検索で素早く名刺を確認
  • ラベルで名刺を探しやすくグルーピング
  • 充実の検索機能
  • web版のデザインも一新

 
【利用イメージ】

home_android list_android2







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る