Android(>アンドロイド)ニュース

2013/08/30 Android(アンドロイド)ニュース

20120830_sbm_prisma_00

ソフトバンクモバイルは8月29日、スマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」を9月6日に開始すると発表した。「プリスマ」は通話やメールに加え、3Gのパケット通信(定額制)も利用できる。利用期間は2日、7日、30日の3プランから選べる。提供開始に合わせ、プリペイドUSIMカードがセットになったAndroidスマートフォンも発売される。



サービス概要

利用可能なサービスは、通話・国際電話・S!メール・SMS・3Gパケット通信で、国際ローミングやSoftBank 4G(AXGP)・テザリングオプションには対応しない。
 
通話料は全国一律9円/6秒。パケット通信料は定額制となっており、期間に応じて3つのプランから選択できる。2日間プラン(945円)、7日プラン(2,835円)、30日プラン(7,350円)で、期間中はソフトバンクWi-Fiスポットを利用可能となる。
 
月間パケット通信量が1.2GBを超えた場合は通信速度を制御される場合がある。また月間パケット通信量にかかわらず、2日プランは200MB、7日プランは700MB、30日プランは3GBを超えた場合、プラン終了日まで通信速度が制限される。
 
プリペイドカードを追加登録(リチャージ)することで同じ番号を継続して利用できる。また、3G携帯電話のプリペイドサービス「プリモバイル」から「プリスマ」への変更でも、電話番号やメールアドレスを引き継ぐことが可能。

対応スマートフォンを発売

「プリスマ」サービス開始にあわせ、プリペイドUSIMカードがセットになった「プリスマ」対応Androidスマートフォンを全国のソフトバンク携帯電話取扱店で発売する。無料チャージと、購入日を含む2日間の無料パケット通信が予め付与されており、購入してすぐに利用可能。
 
対応機種は3機種発表され、「LUMIX Phone SoftBank 101P」と「PANTONE 5 SoftBank 107SH」が2013年9月6日に発売。SoftBank 4Gには対応しない「STREAM SoftBank 201HW 3G」が2013年10月下旬以降に発売される。
 

20120830_sbm_prisma_00

左から「LUMIX Phone SoftBank 101P」、「PANTONE 5 SoftBank 107SH」、「STREAM SoftBank 201HW(4G対応版)」

関連情報

スマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」、9月6日より提供開始







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る