【新商品】ソニー、スマートフォンに外付けするレンズスタイルカメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」を発表

 

20130905_qx100_00

ソニーはドイツで開催されている家電見本市「IFA 2013」に先立ち、スマートフォンに外付けするレンズスタイルカメラ「Cyber-shot DSC-QX100」「Cyber-shot DSC-QX10」を発表した。
スマートフォンにレンズユニットを装着し、スマートフォンの画面をモニター(ファインダー)代わりに使用する。日本国内での発売は未定。

製品の特徴

20130905_qx100_04
Xperia Z1に装着したDSC-QX100

 
見た目は一眼レフカメラのレンズのようだが、レンズや画像処理エンジンのほかにバッテリーやメモリーカードスロットなどを搭載する。
スマートフォンには同梱のアタッチメントを使用し、スマートフォンを挟み込むようにして装着する。幅54mm〜75mm、厚さ13mm以下のスマートフォンなら、Xperiaシリーズ以外でも使用できる。
 
スマートフォンとはWi-Fiで接続し、NFC対応機種ならばワンタッチで接続できる。スマートフォン側に専用のアプリ「PlayMemories Mobile」をインストールすることで、スマートフォンの画面を見ながら撮影をしたり、各種設定が変更できる。
 

20130905_qx100_02

 
DSC-QX100/QX10は、スマートフォンと外して別々に使うことも可能。例えば自分撮りをするときなどは、レンズを持ちながら、手元のスマートフォンでシャッターを切ることもできる。

製品の仕様

DSC-QX100