Android(>アンドロイド)ニュース

2013/09/9 Android(アンドロイド)ニュース

ドイツ・ベルリンで開幕するエレクトロニクスショー「IFA」を前に一部メーカーが新商品を発表した。
ソニーは「Xperia Z1」とレンズスタイルカメラ「DCS-QX10/100」などを、LGエレクトロニクスは8.3インチタブレット「G Pad 8.3」、サムスン電子は「GALAXY Note 3」を発表した。



新商品

(1) ソニー、「Xperia Z1」

ソニーはスマートフォン新製品「Xperia Z1」を発表した。Xperia Z1はQualcomm Snapdragon 800を採用し、パフォーマンスを従来機種より向上させただけでなく、ディスプレイにトリルミナスディスプレイを採用し、他にも「X-Reality for mobile」を搭載するなど表示面でも改善を図っている。

octoba-135_xperiaz1-1
Xperia Z1

さらに、カメラには有効画素数約2070万画素のExmor R for mobile、ソニー製Gレンズの採用など、とても力を入れている。

日本でも販売予定で、9月14日から東京の銀座ソニービルでタッチ&トライイベントも開催される。一足先に触ってみたい方は行ってみよう。

(2) ソニー、レンズスタイルカメラ

ソニーはレンズスタイルカメラ「DSC-QX10」と「DSC-QX100」を発表した。Cyber-shotシリーズの新商品だが、従来のカメラとは全く異なるジャンルの製品となり、スマートフォンと組み合わせて使う。AndroidとiPhoneで利用可能で、スマートフォンとドッキングし、スマートフォン向けアプリからWi-Fi経由でリモート操作するカメラだ。

QX10/100自体にはファインダー/ディスプレイがなく(※バッテリー残量表示の小型ディスプレイはある)、スマートフォンのディスプレイを代わりに使う。

QX10/100にはメモリカードスロットがあり、写真・動画はそこに保存できるほか、Wi-Fiでスマートフォンへ転送することもできる。QX10は、光学10倍ズームのコンデジクラスのカメラで、センサーは1/2.3型、有効画素数約1820万画素のExmor Rを搭載する。QX100は、QX10のGレンズとは違い、RX100M2と同等のカールツァイスのレンズを採用する。光学3.6倍ズームでセンサーは1型、有効画素数約2020万画素のExmor Rだ。

(3) LG、8.3インチタブレット「G Pad 8.3」

韓国LGエレクトロニクスは約8.3インチ液晶を搭載したタブレット「G Pad 8.3」を発表した。G Pad 8.3は、8.3インチサイズのフルHD液晶ディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 600を搭載するタブレットで、ボディの厚みが8.3mmと薄い点も特徴。

G Pad 8.3は北米、欧州、アジアなどの主要市場で10月以降にリリースされる予定。

octoba-135_lg-gpad83
G Pad 8.3

(4) サムスン電子、「GALAXY Note 3」

韓国サムスン電子はスマートフォン「GALAXY Note 3」を発表した。GALAXY Note 3は約5.7インチのフルHD有機ELディスプレイを搭載するスマートフォン。プロセッサはLTE対応モデルがQualcomm Snapdragon 800搭載、3GモデルはSamsung Exynos 5オクタコアを搭載する。

「Sペン」も健在で、旧モデルと同様にペンで様々な機能を利用できる。今回は新たに「Air Command」という機能が加わり、ディスプレイから浮かした状態で様々な機能を起動できる。

octoba-135_galaxynote3-1
GALAXY Note 3

業界ニュース

(1) Android 4.4のコードネームはKitKatに決定。ネスレとのコラボ企画も実施

octoba-135_kitkat-1

米Googleは、Android 4.4のコードネームが「KitKat」に決まったと発表した。あわせて、チョコレート菓子「Kit Kat」を販売するスイスのNestleとコラボレーションし、NestleからAndroid仕様の特製Kit Katが販売されることも明らかにされた。さらに、NestleはKit Katを購入した方にGoogleのタブレット「Nexus 7」とGoogle Playのクレジット500円分を3,000名にプレゼントするキャンペーンも実施する。

octoba-135_kitkat-2

(2) MicrosoftがNokiaの携帯電話端末事業を買収

米MicrosoftはフィンランドのNokiaの携帯電話端末及びサービス事業を買収すると発表した。さらに、Nokiaの特許及びマッピングサービスのライセンスも受ける。これらの取引で総額54億4千ユーロをMicrosoftは支払う。

NokiaはMicrosoftと戦略的なパートナーシップを組み、Windows Phoneを搭載したスマートフォンを開発・販売してきたが、今後はMicrosoft自身が端末事業を抱えることになる。NokiaのCEO、スティーブン・エロップ氏は古巣のMicrosoftに戻り、端末事業を率いるバイスプレジデントに就任する。

あとがき

Xperia Z1が発表されました。このスマートフォンはSnapdragon 800を搭載し、基本パフォーマンスが向上した上で、カメラ機能が大幅強化されています。ソニーはカメラ事業を持っていますが、その技術が注ぎ込まれ、とても魅力的な性能に仕上がっているようです。ディスプレイも同様で、トリルミナスディスプレイやX-Realityで美しい表示性能を誇るはずです。ソニーの技術を結集したプレミアム・スマートフォンとして、日本での発売も楽しみですね。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る