Android(>アンドロイド)ニュース

2013/09/10 Android(アンドロイド)ニュース

20130910_idc_00

IT専門調査会社のIDC Japan株式会社は9月9日、2013年第2四半期(4~6月)の国内携帯電話・スマートフォンの出荷台数実績を発表した。
調査結果によると、出荷台数は前年同期比7.1%増の844万台となり、2四半期ぶりにプラス成長となった。なかでも、NTTドコモ向けスマートフォンの出荷台数が大幅に増加したソニーが前四半期(1〜3月)の第4位から第2位へと躍進した。



ソニーが4位から2位へ躍進

携帯電話(フィーチャーフォン)・スマートフォンの出荷台数は、前年の同期比で7.1%増の844万台で、2四半期ぶりにプラスとなった。
その主要因として、iPhoneの出荷台数が増加したことと、前年同四半期にスマートフォンに使用される半導体供給不足により出荷台数が低水準となったことに対するリバンド効果が挙げられている。
 

20130910_idc_01
国内携帯電話出荷台数シェア 2013年第1四半期(左)と第2四半期(右)

 
携帯電話出荷台数のベンダー別シェアでは、iPhoneを発売するアップルが27.9%で3四半期連続首位となった。
Xperiaが好調で、特にNTTドコモの出荷台数が大幅に増加したソニーが、前四半期の第4位から2ランク順位を上げ、第2位となった。
前四半期が第2位だったシャープは順位を1つ落とし第3位となったほか、サムスンや京セラがトップ5に名を連ねた。

スマートフォンでは上位2社の占有率が拡大

一方、スマートフォンに限定した出荷台数は、前年同期比26.8%増の653万台へと拡大。これにより、携帯電話総出荷台数におけるスマートフォンの比率は77.4%にまで上昇した。
 

20130910_idc_02
国内スマートフォン出荷台数シェア 2013年第1四半期(左)と第2四半期(右)

 
首位は36.1%でアップルがキープし、第2位のソニーと第3位のシャープは前四半期より順位を入れ替わる形となった。
Xperiaと同様、「ツートップ」としてプロモーションされたサムスンは4位に躍進、ARROWSシリーズを発売する富士通は5位に後退した。

関連情報

2013年第2四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場規模を発表|IDC Japan







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る